陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
まずはお祝い

今更ですがね。

『怪談の壇』ご盛況だったようです。

怪談好きとしては嬉しいお話です。怪談というものが立派な娯楽、文化として成り立っている一つの証ですし。

そういえば、図書館の読み聞かせボランティアの方のお話で、一番子供たちが集まるジャンルは「怖い話」だそうです。

それなのに、大人になれば嗜好が変わるもんなんですかね。

私の周囲の大人どもは「怖いのやだ」ですからね。ふん、根性無しどもと言いかけたら、「夜中のトイレとお風呂場のシャンプーと、仕事帰りの夜道が怖くなる、それは避けたい」とのことです。ふむ、それは日常生活に支障が出ますな。


で、おそらく社内トップで怪談好きのホラー好き『社内で猟奇殺人があったら、彼女を疑え』とまでささやかれている私が、必ず聞かれるこの質問。


「怪談話聞いて、怖くならない?」

怖いですよ、怖くなきゃ聞きませんよ。

でもね、私って全く見えない、感じないタイプ。

どうせ見えないし、感じないもん、という安心と怠惰の元で、異界の恐怖を貪るのです。


「ホラー、気持ち悪くない?」

いや、だってさ、どうせ作り物じゃん。

すげえと思いません? ゾンビの特殊メイク、生首や手首の造形に撮影技術。

職人たちの技術とこだわりがカメラに取り込まれたその時、虚像はリアルな映像となり、観客の恐怖に肉迫するのです。

血がドバドバ、飛び交う首にぶちまけられるハラワタ……OH、ワンダフル。ドイツ語ならウンダバー。


本来なら身に迫る危険のシグナルである、恐怖という感情を娯楽に使えるのは、人間だけですわ。


まあ、そう言う訳で怪談とホラーの発展を望んでおります。


ところで、今週金曜日に塾に行けば、いわくつき『鈴』に出会えるんでしょうかね、先生?


私信・ファンタジー挑戦中青年。

ハイになったら、頭にコップの水をかけて、止めてしんぜよう。安心して来い。


まあ、旅行しているならまだ大丈夫かな。









スポンサーサイト
コメント
コメント
「恐怖」を語るのは難しい・・・・
ごきげんようです。
「怪談の壇」、僕も参加させていただきましたが盛況でしたよ。多彩な話が聴けて怖く不可解で楽しかったです。

参加して、改めて「恐怖」を語りで表現するのは難しい!と実感しました。
「恐怖」って主観的、個人的なもmのですからね。
下手くそなのは駄目だけど、かといって上手けりゃいいかと言うとそうでもない。上手いと下手の間を綱渡りするような技術と神経が必要なのかなとも思います。ちょっとタドタドシイ方がリアルで怖かったりしますし。

僕はいわゆる「霊感」など0なので人様の体験談を「取材」して収集するんですが、150話ほど集まりました。

苦労するのは話してくれた人も昔の話をしてくれるので記憶が所々歯抜けになってる。その歯抜けの部分を、おそらくこうだったのかなと埋める作業です。説明不足は駄目だけど説明過剰はもっと駄目。どこを省略するのかしないのかの見極めも難しいです。

僕の場合、集めた話を人前で語る時はあえて丸暗記しないで、うろ覚えの状態にします。思い出しながら語るので「ええと」「あのぅ」などの一見無駄な言葉も要所要所に挟みます。程度問題ですが・・・・・

「恐怖」の表現のハードルは高いです。
2017/06/01(木) 01:33:29 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 「恐怖」を語るのは難しい・・・・
ひろみつ様

いつだったか、プライベート怪談会でご一緒した劇作家の方とお話させていただいた時「怪談を語るのは、立て板に水のプロでは難しい。普通の人の語りの方が怖い」
と、おっしゃっていたのを思い出しました。

いわゆる怪談というのは、普通の人が普通の日々を送っている際に落っこちた穴のようなもので、正に『フツー感』が必要なんだろうなと感じます。

妙な例えを上げますと、いわゆるプロなんだけど、普通感のあるアイドルみたいなもの。

話の内容でも、あやふやすぎるのも変だし、かえって説明過剰も興ざめ。

プロの演じる普通感、計算された普通感。それが怪談語りの、もう一つのテクニックと思える今日この頃。
やっぱり、怖い事を表現するのってすごいです。

仰る通りです。
文章でも語りも、恐怖の表現のハードルは高い。

ホラー映画を何本見ても、つくづくそう思います。

2017/06/01(木) 23:58:33 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/436-c78dc11d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック