陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
ネタを考える

中島らもさんもエッセイで書かれていた事があったが、らもさんは電車の中でよくネタが浮かんだとあった。

なるほど、なぜか私も小説のアイディアは机の前で浮かんだ事はない。
大抵、歩いている最中だとか、別に何かをしている時だとか、書く作業以外のところで思いつく。

通勤途中のプラットホームに、職場のトイレ。昼休みの休憩中。

不思議と、遊びに行っている時は思いつかない。旅行の移動中とか、ほとんど考えない。

やっぱり、ネタを思いつくって、一種の現実逃避なのね。
仕事というストレス、これが一種の刺激剤となっているのよ、きっと。
そう、ストレスは必要なのよ。ネタの製造のために……。

と、言い聞かせる日曜日の夜でした。

ああああああ、月曜から仕事だ……。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/44-7e299753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック