陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
ツマラン分析:再び

先日、飲み友と酒を飲んでいての会話。

「……と、言う訳で、ヤンキーを罵倒する私に、意見が出てさあ……ヤンキーは更生すれば真面目に仕事する、と。若いうちに暴走したほうが、後々真っ当な人間になるのだと」


むしろ、若いころに遊ばなかった人間の方が、道を踏み外してしまうケースが多い、と世間は言いますねえ。

ふーんと飲み友。焼酎片手に言い放つ「ヤンキーをなめるな」

ま、まさか! 驚愕の私。

「……キミも彼らと同意見か?」

心の闇の部分では、とっても気が合う友だったのに……これで私たちはお終いねと、よよよとチューハイ片手に崩れ落ちそうに……と、思ったら違った。

「それは更生したら、の話や。更生すれば真面目やけどな、ヤンキーという人種が100パーセント更生すると思うか?」

おお、闇に住む同士よ。

「自分も、中学高校の頃のヤンキー思い出せ。あいつらが更生できていると思うか? 俺が知る限り、半分以下」

難しいですねえ。

何せ、真面目に何かをするってことが出来ない人たちだもん。

ただ机に座って、大人しく学校で授業を受けるという簡単なことすらも出来ない人たちですよ。

勉強するという大人の通過儀礼、思考回路を動かす訓練もきちんと出来ない、おまけに他人の迷惑よりも、自分たちの刹那的快楽を優先する人が、さぼらずに真面目に働くなんて出来るでしょうかね。

そう言えば、ヤンキーの口癖は「かったるい」だった。


そして「若いころ遊ばなかった人間は、後半戦で道を踏み外す云々」ですけど。

ヤンキーとは遊びの種類が違うんじゃないでしょうかね。

ガス抜きと発散、確かに必要ですが。

そして、私分析によりますと、道を踏み外す真面目って、真面目というより『鬱屈した奴』ではないでしょうか? 求む、反論。

私、真面目なほうが人生が楽だと思っている人間なんでね。


ついでに言いますと、飲み友の仕事仲間に『更生した元ヤンキー』がいるそうで。

ほお、いるにはいるのね、

その人は頭の回転が速くて仕事は真面目、それに読書家なので、その過去に飲み友は「……」と思ったらしい。


成程。

ヤンキーって、コンビニの雑誌は立ち読みしても、本屋にはいないからなあ……。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/449-adfbc94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック