陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
アウトプットとインプットと筆の神様

仕事から帰ってきたら、ご飯食べてちょっと本読んで……それから風呂。

億劫ですなあ。職場で仕事している間は、あれだけ『帰ってモノカキてえええ!!』と内心大暴れだったのによ。

仕事疲れ? 最近ヒマよ。

まあ、電車に乗って帰ってくるだけでも脱力するけどね……て、電車に揺られているのは10分くらいじゃん。しかも各駅停車。


インプットと違って、アウトプットは体力いりますよね。

インプットは受身です。しかも受け取る内容は、本でも映像でも、きちんと咀嚼されて整理された状態の『商品』だし。

読んだもの、感じたものをそのまま受け止めて記憶メモリーに収め、思考回路を使って自分なりの解釈だの感想など、好き勝手に料理すりゃよろしい。


でも、アウトプットは完全にその逆回路。

頭の中にぷかぷか浮かぶ映像や文章を、思考回路を使ってそれなりの形を整え、尚且つ、見えない読者の視線と、書く側の自分の視線とをすり合わせる作業です。

100パーセント好き勝手はダメ。


「完全シュミ小説と違って、書くのに時間がかかるはずよねえ」思わず腕組み。

あー良かった、遅筆になったのかと思ったわ。


時と稀にして、速筆の神様が降りてくる瞬間があるのですが、まだかなあ。

神様さえ降りて来て下されば、5倍のスピードも軽いのですが……焦りながらご降臨をお待ちしている最中です。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/450-15b81b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック