陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のあちら側

合評。


諸事情により、次の展開へススメ、と言われたらと気が気でない私。

時間は有限なのよ。

そうですねえ、私としては『ここの文章が読みにくい』『も少し丁寧な描写を』『説明入れて』などという、テクニック的な修正となるのが希望ですね。

小手先の修正だけで済む。その分時間を振り分けられる。


さて、時間巻き戻しです。

高校の屋上で起きた人喰いカーニバル後、病院へ搬送されたスリーサイズオール100ヒロイン。

視点は、その病院の医師でして、スリーサイズオール100ヒロインの主治医になったせいで、病院の敷地どころか病棟からも出られない。

何故なら病院のマスコミ対策、下のロビーにいるマスコミから隔離されている先生です。


まず、先生の視点から見た世間の状況、共食い事件が起きて大騒ぎの世間。おまけに、他所にもよく似た事件が起きている。

共食いの原因にあれこれ飛ぶ憶測。ドラックによる幻覚から宇宙からの謎の放射能、果てはアメリカ軍の生物兵器説まで流れています。


屋上に落ちていた、死んだ生徒のスマホが撮った最後の映像が、ネットに出回っています。

床に転がったカメラは上に向けられたまま、青空を映しています。音声は殺される生徒たちの阿鼻叫喚を収録。


「えー、このネットに流れている人喰い事件の映像の描写ですが、一体どんな状況で映ったものなんでしょ?」

「あー逃げ回るときに、手から落としたんですよ」

「こういうのって、普通は警察に押収されませんか?」

「実際に人食いの映像が入っていれば、参考資料として押収されますが、入っているのは音声のみですしね。遺族に返却ですね」

「遺族って、これをネットに流すもんですかね?」

「事件の真相を世間に訴えるとか、金とか、まあ色んな遺族もいれば、目的もありますし」


まあ、合評はこんなやり取り。


さあさあ、次は手直しで提出、コレでお願いしますよ。

手もみして待つ私。

次にススムは、二編同時進行の書く時間配分がキツイのでね。


しかし。


「はい、次へススメ」

「ええええええっ」

「別に、これでエエで」


そういえば、ブログをチェックしておいででしたね。すると、今一番この塾生が恐れている展開をご存知……気のせいか、笑顔の人の悪さが混じってます、先生。


「時間は作るもんや」

「……」

「睡眠時間、削れ」

仕事、休暇申請できるかな……


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/453-578ff112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック