陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
大人の実感
ジャン・ギャバンの『現金に手を出すな』を観る。

初老のギャング二人、マックスとリトンが、オルセー空港で金塊を強奪した後から場面は始まる。

さあ、これでもう引退して、これからゆっくり生活しよう……と考えていたジャン・ギャバン扮するマックス。だけど相棒のリトンが、日頃贔屓にしていたクラブの踊り子に強奪事件の事を話してしまう。

そのクラブの踊り子は、犯罪組織のボスの愛人。ボスのアンジェロが、二人の金塊を狙い始め、マックスも襲撃の危機に。マックスはそれを回避したが、マックスの相棒リトンがさらわれてしまう。
リトンの解放条件は、当然「金塊よこせ」

組んで二〇年、思えばリトンには迷惑かけられ通し。しかも今回もリトンのヘマからこんな事になり、自分だって危険に晒されたのだ。
金塊かリトンか。どうするマックス!


派手なアクションも銃撃戦もない。話自体は結構単純。
映像も静か。でも、映像の一つ一つが切り取った写真になるほど美しい。ジャン・ギャバン扮するマックスは、喜怒哀楽の激しさは無いけれど、その静かな表情の下に見える感情がありまして、それが渋い。
静かな諦めと、それでもくすぶる大人の内面。大人にならないと、この辺りの感情は分からなかっただろうな。

そして男の隠れ家! マイ飲み屋じゃありませんよ。正に隠れ家! しかもお客様用のパジャマに毛布にシーツ、歯ブラシまである辺り、まるで宿チックではないですか。
私には、ここが妙にツボ。
悲しげで、震えるようなあの『グリスピーのブルース』も素敵。
この曲の良さも、大人にならないと分からなかった。

これを観て久しぶりに、大人になったのね私、と実感した次第。

でも今だ、ビールの美味さと演歌の良さは分かりませんね、何でか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/46-cd676767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック