陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
懺悔

6月29日、会社を休んだ。

次の日に出勤したら、我が女上司主任に呼ばれる。

「……で、熱は下がったの?」

「ハイ」

「季節の変わり目は気をつけろ。只でさえ体調を崩しやすいシーズンなんだからさ」

 口をへの字に曲げる主任。

「金曜日は毎週徹夜で飲み会、平日も最近夜更かし気味だとか言っていたな。ダメじゃんか、睡眠不足はお肌と思考回路と健康の大敵だぞ。平日は考えて睡眠取れ」

「……ははは、休んじゃったの怒ってます?」


月末ですからね。

これが信用金庫の支店勤務時代だったら、絶対に休めなかったな。

ちなみに当時の信用金庫時代、ある支店勤務の職員が交通事故に遭って骨折したのですが、月末なので休めず、腕にギプスをはめて出勤したという逸話があります。

金融機関月末残酷物語。現在の職場バンザイ。


「怒りやしないよ。体調悪けりゃ休め」

「優しいですね」

「優しさではない。部下の体調管理も上司の仕事」

「せっかく歩み寄りかけたのに」

仲の良くない上司へぶうぶうと文句たれる部下。

フンとそっぽ向く上司。

「大人になったら自分の健康管理も仕事の内! 以上!」


はーいと締めくくる私。

分かればよろしいと頷く主任。


すみません、主任。

私の体調管理はパーフェクトです。頑丈な内臓、己可愛さマックスの果てに注意深過ぎる健康精神。

休んだ理由は熱じゃありません。


休んで書いたおかげで、作品の締め切り間に合いました。


ばれたら殺されるな。








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/468-a8c4dcc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック