陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
夏の苦情申入未遂

ここ二、三日ばかり、夜中に階上がうるさい気がする。


ふむ、と怪談本を読みながら天井を見る私……恐怖を味わうには、静かな環境が必要なのよ。

ここらで一発、苦情言いに行くか、と考える。

しかしですね、フツーなら近所迷惑と知れる夜中に、ごとごとうるさい音を立てるような人種ですよ?

一般人の生活に紛れたサイコ野郎ってこともあるしな。

何かあったらやだよなあ、逆恨みされたらコトだしさ。ううむと考える私。

我が身の安全は、地球よりも重いのです。

さて、サイコ野郎を抑え込むには、どのような作戦で行くか……


まあ、一番シンプルなのはお手紙ね。

『うるさいから静かにしてください』と書いた手紙をポストに放り入れれば良いのよ。

しかし、芸がないな。

うーんと効果的抗議文について悩む私。

やっぱりねえ、相手に『迷惑して怒っています度』をお伝えするのが大事ですので、使う文房具も考えないと。鉛筆とレポート用紙よりもボールペンと便箋。

なんかこの小道具に芸がないな。

いっそ、毛筆で書いたろうか。あ、そうなると和紙か。いや、いっそ巻紙だわ。

ここまで凝ったら、いっそ血判も押しとこう。

でも自分の指を切るのは痛いから、スーパーに行って生魚か生肉買ってくるか。


日本人形でも抱いて、お宅訪問してやろうかな。

『お宅がうるさくて、この子が寝ついてくれないんです……』

そう言って市松人形突き出してやろう、けけけ。ホラーだわ。

下手に手を出したらヤバいと相手に思わせるのも、外交手段の1つよ。

最後に『ねーんねーん、コローりよぉおおお』とか、子守歌を市松人形相手に歌いながら帰ってやれば、怖さ倍増。

あ、良いねえ、これで行こうかな。


そうやって独りで真夜中笑っていた私ですが、本気ですよ。

次の日の晩、酒の飲みながらダンナに切り出す。

「……と、いう方法で苦情を入れに行こうと思うんだけど」

ふーんとダンナ。ああ、キミは晩の9時には寝ている男だから、知らないだろうけどさ。

こっちは起きているのよ。静かな真夜中ライフをエンジョイしたいの。

ダンナ、首をかしげる。

「上の階、空き家やんか」

「……」

「お隣さんは、子供小さいから夜も早いしな」

「……」


これから早く寝ようっと。



スポンサーサイト
コメント
コメント
俺を怒らせるな
ごきげんようです。

それは困りましたね。
物騒な世の中ですから迂闊に苦情も言えないとは本当に嫌な渡世です。

僕は最近、チラシはすぐ溜まってゴミになるので入れないでくださいと紳士的に紙に書いて玄関のドアに貼っておいたところ、ある日それが「じゃかましいわいボケ!」とばかりに剥がして破って捨ててありました。

「ええ度胸しとるやないかい」と犬歯を剥いて微笑んだ僕は再度紙にチラシの類はポス地に入れないでくださいと、極めて紳士的に丁寧に書いてドアに貼りました。

いまのところ無事ですがまた剥がす命知らずがいたら・・・・再度紙に書きます。「チラシ入れるな。紙剥がすな。何度も言わすな。しばく」
2017/07/07(金) 01:41:57 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 俺を怒らせるな
ひろみつ様

まずは穏便に、これが社会生活の秘訣……とはいえ、こっちが穏便なのを逆手にとって、余計な挑発をしてくる奴がいるのが面倒です。「舐められたらアカン」が基本形らしいです。
礼儀正しく相手をする人を舐める奴がいるのか。やな世の中だなあ。

今のところ、我が家は静かですが、結局あの物音は何だったんだと謎が残っております。
人間だったら良いのですがね。
一番ヤなのは、物理的に社会的に、喧嘩できない相手です。

2017/07/08(土) 00:06:10 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/472-7839670e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック