陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
登山スタイル

職場で大規模なシステムの変更が行われる。

そう言う訳で、社内は大わらわ。番頭から丁稚まで、新しいシステム端末をマスターせにゃならん。

12月から、全員に講習が行われるという。

講習を休むことは許されんので、休暇を取って遊ぶなら夏から秋にかけて済ませろ、12月からは長期休暇は許さんからな、と我が女上司・主任に凄まれる。

「え~、毎年の私の休みサイクルは、冬に長期休暇を取って海の向こうなんですが……今年は不可!ですか」

「今年は諦めろ。夏か秋に休み取りなさいよ。何だね、キミは冬以外は出国してはならんと、外務省に言われているのか?」

まあ、どうせ海外は今、物騒だし。

「……アルプス縦走でもしてみようかな」

「せめて六甲山を制覇してから行け。この『日々遭難人』」


おほほほほ、何と言われようと、私はとっても可愛いザックを見つけてしまったの。

キツネのマークで有名なフェールラーベンよ。

鮮やかな緋色、スレンダーでスタイリッシュなフォルム、正に私にふさわしい。

これを使うためにも、私は泊りがけの登山に行かねば!


ところが。


いやはや、どこの山小屋も予約でいっぱい。そんな登山愛好家は、一体、世界のどこにわらわらと潜んでいたのやら。

「……と、言うわけで、山小屋いっぱいなんですよ。アルプスは無理かも……しかしですね、私の登山の誘いは、100人中120人が断るのに、一方ではこの登山人口は何なんです?」

「人は、登山が嫌なんじゃない。遭難愛好者と一緒に登りたくないだけだ」


言い放つ上司。

ショックを受ける部下。


そうだったのか。

ショックを受けている最中です。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/484-c30aa8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック