陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新
塾での雑談にて

「最近の親は、過保護やな」

先生の嘆き。

「子供に携帯持たせるな。寄り道したりできへんやんか。それでパソコンやゲーム与えるから、本も読まずにそんなゲームばかりするんや」

まあ、そうですね。確かに外遊びする子が減っているらしいです。
ドラえもんに出てくる空き地とか、空き屋とか、子供の冒険場所も減ってきたのかなぁ。
秘密基地なんか、まだあるのかな。
鬼ごっこだの、だるまさんだのかくれんぼだの、走り回って自分の世界を探検して広げていく、あの楽しさを知らないとすれば、可哀想なものです。

ゲームなんか四〇過ぎても出来るけど、かくれんぼや鬼ごっこなんか、出来るのは小学生までです。
正に期間限定の遊びなんだから。
あの遊びの楽しさを知っているか否かで、子供の逞しさとか、幸せ度は分かれると思う。

「まあ、でも私、子供を自分の目の届く範囲に置きたがる、親御さんの気持ちも分かります」

変質者という存在ですよ。

ロリコンだろうがショタだろうが、妄想世界だけで遊んでいるだけなら別に良いですよ。
実力行使に及ぶゲスがいるから、いかんのです。

いたでしょ、女の子誘拐して、監禁して自分のモノにしようとしていたドゲスが。
そんな奴がいる限り、子供にGPS持たせて帰り道は大丈夫かとか、監視したくもなりますって。

「と、言う訳で、子供の過保護の原因の一つは、変質者なのです」

あんなもの、裁判にかけて心理鑑定して、心の闇とか成育歴とか、研究に役立つデータさえとったら、さっさと処分してしまえ。

思うのです。この世には、ロリコンだろうと何だろうと、その嗜好を妄想だけにとどめ、理性で隠して真っ当な生活をする人もいるのではないかと。
事件が起きるたびに「あんな罪人と一緒にするな」と怒っている人がいるのではと。

あの存在さえなくなれば、世の親御さんと、そういう嗜好の理性的人たちの心は、少しは穏やかになると思うのですが。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/49-14cce0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック