陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
ダラダラと夢でも語ってみる

前回の私の夢

「とん挫したラノベ調SFホラーを、ちゃんとした形にして書き上げたいのですが」


いやーあれ、設定は気に入っていたんですがねえ。

80年後の世界から持ち込まれた人喰いウィルス、それに感染した元優等生ヤンキーと、その同級生の少女。

そのウィルスを死滅させるために来た、10代の軍人二人。

当たり前だが、美形しか出さない。

血まみれよ、美形よ、殺戮よ。ラブレター乱舞と男言葉の絶世の美少女よ、中性的面差し美少年のエプロン姿でお料理シーンよ、おーほほほほほほ。


……と、まあ完全己の嗜好に走った結果

『課題小説とはいえ、毎回読まされるのが苦痛だった(塾長・談)』

『軍隊をちゃんと勉強しろ。SFを何だと思っているんだ(SF担当・談)』


まあ、そういう事です。


ですが、考えるんですよ。

ちゃんと軍隊組織の知識を入れて、あれやこれや補完すれば結構面白いよな、アレ。

少なくとも、書いていて楽しかったし。

じつはアレ、独りで勝手に書いている趣味小説のシリーズなので、いずれはちゃんとした形で外に出したい気はあったんですよ。


……と、いう夢を語ってみました。


次の飲み会で、口にも出しますよ、その時どんな反応がくるか楽しみです。


「聞くんじゃなかった」

と、後悔されたら……そうだなあ、日本アルプスを5日間彷徨ってやる。

本気ですからね、ふふふふ。










スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/505-3e3a9045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック