陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
紙好き

よくよく思い出してみたら、タブレット型とノート型、2in1のサーフェスちゃんを購入したのは、持ち運びの軽さと合評の際、作品を紙でプリントアウトせずに済むからでして。


それが、やっぱりプリントアウトしてしまいます。

紙の方が頭に入るんだよなあ、それに見やすいし、書き込めるし落書きできるし……電子書籍を購入しない理由も、それだったりするのね。電子書籍もページをめくるような形にはなっているけれど、実際は液晶部分と指の接触であって、紙の手触り感は全くなし。

あのざらりとした感触がないと、ページを開く、端をつまむ、めくるのアクションが、味気ないのですね。

そして内容が『データ』に見えて仕方がない。本なら『紙に記された物語』なんだけど。

ついでに言えば、パソコン画面って、一種の照明なわけです。

ずっと光っている画面を肉眼で見ていたら、疲れるよな……


紙によって、竹にモノを書くことは無くなりましたが、液晶によって紙が無くなることはあるのか?


思えば、スーパーのチラシの裏に書いていた漫画から、今の生活が始まっているのです。

あの紙の余白が無ければ、私の今は無かったのね……


だから、液晶で紙媒体が無くなるとしたら、私が死んでからにして頂戴。

そう願っています。








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/525-04116c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック