陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
読書『ドリアン・グレイの肖像』

『ドリアン・グレイの肖像』をいまさら読んでおります。

オスカー・ワイルドですね。『サロメ』も有名だな。


己の美貌に気が付かず、純粋無垢なドリアン・グレイ。そのドリアンに惚れこみ、彼をモデル絵を描く画家のバジル。そしてバジルの友人で、快楽主義者で支配欲強いヘンリー卿。

ヘンリー卿は、美しいドリアンを自分に感化させ、取り込むことによって『己の作品』にしようと考える。快楽主義者で退廃的、でも魅力のあるヘンリーに魅入られていくドリアン・グレイ。

そして、友達のドリアンを盗られたバジルの立場は一体!?


……まだ、序文です。読んでいるのは、まだそんなパートですね。

なんというか、流石はオスカー・ワイルド。ヘンリー卿とドリアン・グレイ、そして画家のバジル、男三人による暗黒桃色三角関係が漂っています。きゃあ、ちょっとBLチック。

いやはや、ヘンリー卿のひねた選民意識、ぐれた人生哲学に女嫌い、これが流麗かつ高尚な文章で語られ、世をえぐるのです。

こりゃ面白いわ。


綺麗だけど単純な少年、そして綺麗な少年を己の色に染め上げようという野望を持つ悪魔的貴族。

マイ・フェアボーイ・ダークネス版!


何度か舞台化、映画化もされているので、有名な作品です。


それにしても、純真無垢で美しい者を、自分に感化させ、好みの色に染め上げながら成長させる……この育てゲーに、結構人は憧れているものね。ヒギンズ教授と言い、あしながおじさんといい、光源氏といい……あ、なんか金持ちばっかりだな。

ちなみに私ですが、私は育てゲーは興味ない。


出会った時から完成形がいい。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/528-82327826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック