陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新
さて、暇になると碌な事を考えないのが人。

そして、私もその一人。

別に仕事を干されている訳ではないのですが(そう思いたい)仕事が無くなってしまって、ただ今職場内無職。

「私に雑用頼むなら、今ですよ」
と、アピールしてみたら、雑用は全て新人に奪われていた……仕方が無い。机の上で妄想しよう。
サボリも脳内なら気がつかれまい。

ただ今書いているのは、人喰いのお話。

今回、人を喰う立場の視点も入れているので、いかに美味そうに人を書くか悩んでおります。
そういう訳で、想像してみよう……人が美味そうとは、どういう事が。どういう風に見れば美味そうと思えるのか。

じぃーと職場を見回す。この中で、誰が美味い肉なのか。

意外だなあ、そういう視点で見れば、スレンダーで可愛いM嬢はマズそう。腕に肉があまり無いし、化粧が邪魔。
N氏は良く見れば、良い肉ついていますね。でも毛深いから下処理が面倒くさい。
プニプニのGさんは、水分多くて大味っぽい。

中国だったか、二本足の羊は、女子供が、でもって死んだばかりのが美味しいとか聞いたけど、結構男の方が美味いかもしれない。味が濃そうだし。

「部長、筋肉質だし、体格良いですね」
「ん? そお?」
190センチはある我が部の部長。横幅もある巨漢。色黒、肉も締まっている。
「腕も太いし、手もグローブみたいだし」
「……ありがとう」

流石は管理職。部下の目を見て、心を読む能力に長けておられます。
私の言葉が上司への褒め言葉ではなく、肉の選別であることが分からないにせよ、不穏なモノを感じられたのでしょう。
かすかに目が光った。

「僕の一番大事な仕事は、君たちの話を聞く事です。何か悩みがあるなら、ちゃんと話すように」

上司として、物凄く真っ当な言葉をかけられてしまった。

ごめんなさい。部長、もう脳内サボリはやめます。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/54-ed13bca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック