陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
読書『ドリアン・グレイの肖像・終』

だらだらと読んでいました『ドリアン・グレイの肖像』ついに読み終わる。

最初は、画家とそのモデルである自分の美貌に自覚無い少年と、退廃的で毒舌、でも悪の魅力にあふれた貴族の青年織りなす、男三人組の桃色暗黒三角関係と、ダークネス・マイ・フェア・ボーイのお話……のところでしたが、美貌のドリアン・グレイが芝居小屋の女優の美少女に恋をし、その恋が、悲劇的結末に終わったところで、話は急転直下。


美少女は、ドリアンに現実の恋をしたのがきっかけで、芝居の中の虚構が薄っぺらく思われて、演じることが出来なくなるんですね。

そのせいで、ドリアンやその友人たちの前で、舞台で無様な演技をしてしまう。

ですが、女優の彼女を愛し『美が至上』のドリアンにとっては、それが許せない事でして。

そして、ドリアンの愛を失った美少女は自殺する。

 

ここからが、ドリアン転落人生の始まり。

悪魔のヘンリー卿の、甘ったるい慰めの毒によって、美少女への謝罪の言葉を、薄っぺらで装飾過多な現実逃避の言葉とすり替えます。

『彼女は彼の愛のために死んだのだ、そして彼にとって愛は常に神聖なものになった』


そこからが、一種の恐怖小説になるのです『ドリアン・グレイの肖像』

画家のバジルが、自分の最高傑作だとドリアンに贈った、タイトル通りの彼の自画像。

この自画像が、美少女自殺のあたりから徐々に醜く変貌していく……まるで彼の魂の汚れを、絵が引き受けていくかのように。

自堕落と罪を重ねて年を重ねるドリアン。


美少女が死んで18年後。

はずみで旧知の画家を殺し、その隠ぺいに友人を巻き込み、その友人は自責で自殺。

そんな彼は、いつまで経っても年をとらない美しい青年のまま。

しかし、描かれているのは静止した時であるはずの肖像画が、ドリアンの代わりに醜く変貌していく。


そして、ラスト。

まあ、お約束ですね。ドリアンは自分の罪の象徴である自画像を、葬ろうとしまして……あらら。


醜く変化する自画像の描写、それを見せつけられるドリアンの苦悩と恐怖、その上に重ねる装飾過多で退廃的な自己弁護の言葉が、実に芸術的。


美少女を自殺に追い込んだことを責める画家のバジル。

対するドリアンの言い分。

『起ったことは起こったことだ。過去は過去なんだ』

昨日を過去と言うのか? 反省は? 謝罪は? と詰め寄られて、言い捨てるドリアン。

『実際にどれだけの時間が経ったなんか、関係ない。一つの感情を拭い去るのに一年もかかるのは浅はかな人間だけど。自分を熟知している人間は、喜びを創造するのと同じくらいに簡単に悲しみを終わらせることが出来るんだ。僕は感情の言いなりになりたくない、感情を利用し、楽しみ、支配したいんだ』


いいねえ、会社で使ってみたいなあ、この己の失敗の長い長い言い訳。

……で、どんな失敗の時に?

殺されるぞ。









スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/548-ee51e7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック