陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
呪い代行……

我が女性上司・主任のお言葉。

「覚えたければ、本を読むより実践しろ」


ハイ、これ職場での会話でした。

株の勉強ってどうすりゃ良いんでしょうね、と言った時のお返事です。

星どころか砂粒の数ほどのハウツー本、ネットに講座、株式に入る前にまずは勉強の教材をどう選ぶかというハウツー本が欲しいとぼやいた時だったかな。


Don't think. Feel!「考えるな、感じろ」とは燃えよドラゴン、ブルース・リーの有名なセリフですが、確かにこれは万物に通じるお勉強方法。


……と、言うわけで『呪い』です。

うーん、呪い代行サイトを覗いてみたら……藁人形だの黒魔術だの、お値段ン万円だのと百花繚乱です。ううむ、せっかくお勉強しているんだから、自分でやりたいわな。

ところでさあ、とここでまた悩む。


呪いの効力って、念の強さなのか、それとも正統な道具立てなのか、それとも呪者の能力なのか。

形式の問題なら、整えればよろしい。

ですけど、念の強さ……実験するために、数値化できないものをどうやって基準値に設定するのさ。

能力? それは血統の問題なのか、それとも個々の持つ運動能力などの、個性の中に入る能力なのか。


呪いに対する信仰は、呪いをかける側の思い込みだけで成立する……のですが、実際はどんなものなんだろうねとはっきりしたデータも欲しい。

しかし、呪われる側の不幸は、果たして呪いによるものなのか? という判定が難しい。

いやはや、この目に見えないものを数値化し、視覚化した証明って難しいわね。


……と、呪いは存在するのか? というものを知りたいのではなく、ただ調べたいだけなんですが。そのためにはプロ?のお仕事を見学するか、自分で実践かと考えていたのです。

まあ、何にしても……結果は見たいよね。


で、ここで一番の難問。


で、誰を呪いの実験台にするのよ?

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/559-725f932b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック