陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
三兄弟・話し合い

ぼちぼち親が老齢だし、ひとつ三姉弟、親の老後だなんだのと相談しようじゃないのってもんで焼鳥屋へ。

我が姉弟は、わたくし姉を筆頭に二人の弟。

元々、子供の頃から仲はあまり良くない。


顔を合わせるのは4年ぶり、なにせ情が薄いんでね、最初の危惧は「お互い、姉弟の顔を憶えているか?」という事について。

仕方がない、お互い姉弟と分かるように、それぞれ白いバラ携えてを目印にしようではないか……と、焼鳥屋の前に集合。


案の上、家族の情愛が入らない、実にビジネスライクな内容になった。

まあ、本題は親の老後については防ぎようも避けようもない、マネーの話ですからね。


そのはずが……二十年以上、ほとんど没交渉の姉弟ですが、なぜ話が『クリストファー・ノーラン』の話になるんだ?

宮崎駿の引退について論議しているんだ?

田宮の模型について三人で悩んでいるんだ?


これが血なのか、案外世間の人の酒の話題はそんなものか。


……普通が知りたい。





スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/577-5613b81c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック