陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のそちら側

合評。


やっとこさ、人喰いイケメン男子高生再登場。


夜の川沿いで、帰宅中のサラリーマン自治会長とその息子、そしてスリーサイズオール100と顔合わせ。

幼馴染であるイケメン人喰い男子高生を、愛ゆえに喰わんとするスリーサイズオール100、当然彼女の愛を断固拒否、始まる二人の死闘!

痴話喧嘩はやめろと仲裁に入るサラリーマン自治会長、さて、二人の恋の行方は?


……書き直しを期待する私の前で下された宣告

「ハイ、進め」

「えー、あのー描写など細かい修正はないのでしょうか? 例えば、痴漢撃退スプレーよりもクマ撃退スプレーにしろとか、そういう指摘を修正したいと思うのですが……」

心の中の声。

次の展開考えてないので、猶予期間をお願いします。


「別に細かいところはどうでも良い。ススメ」

絶句する私。や、やばい。

「先生、ブログをお読みですからねえ」

「史上初・課題を次の展開にススメと言われて、それに抵抗する塾生!」

どこかで聞こえる仲間の声。


「それにしても、コイツ出て来た時『昔の面白くない知り合いに再会した気分』になったわ。男子高生もう殺せば? おもろないし」


ひどいなあ。


イケメン男子高生をどう面白くすればいいのか、次の展開はそれにかかっている……

あーどうしよう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/579-5a213f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック