陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
根性と怪異
今更何ですが、怪談好きです。子供のころから好きで、作劇塾に入ったのも『新耳袋』愛読者であった事と、怪談イベントに参加していたことも関係しています。
怪談好きではなかったら、作劇塾に入ることなく、ホラー好きであることもなく、一人で家でこもって小説書いていた事でしょう。
……はて、そうなると、ジャンルは何書いているんだろう?

そんな私ですが、一度だけ奇妙な出来事があります。
高校生の頃、社宅に住んでいました。部屋は和室が3つしかなく、狭い家で夜更かしが親にばれぬよう、布団かぶって、イヤホンつけて、深夜放送のラジオを聞いていました。
冬でした。とにかく、部屋を真っ暗にして寝たふりしていたのは憶えています。
そして、次の朝。
超不機嫌の父が私に一言。
「夜中の0時に何をゲラゲラ笑っていた。うるさいぞ」
「……え?」
そんなはずないでしょ。布団の中でイヤホンしてラジオ聞いていたのに。
「いや、お前の部屋からだった」
と、言った瞬間、父の顔が?という表情になり
「もういい」
といって、それ以上追及されることなく切り上げ。
何だったんだろう。

そして次は、不動産屋さんのお話。
商談ついでに「何か怖い話無いですか?」
と聞いてみたところ。

「怖いというか、不思議な話はありますよ。例えば、扱っている空き部屋を外から眺めていたら、やけにカーテンが揺れていた事あります、人が入るはずもないし、閉め切っているから風もないのにね」

ああ、それからとちょっと口を曲げて。

「以前、お客様希望全て、間取りや場所、予算もドンピシャ、後は現地にご案内するだけという物件があったんです」
お客さんはすごく乗り気で、不動産の営業さんとしては、もう9割は契約成立と思ったらしい。
ところが。
「内見してもらおうと鍵開けた瞬間に、そのお客さん一歩も部屋に入らないうちから、玄関口で『やっぱり止める!』と叫ばれまして。理由は一切教えて頂けず、あれはちょっと参りました」

そして、ちょっと笑って

「K様に(私です)に今、お見せしているマンションの10階の物件、コレ、いわゆる心理的瑕疵物件です。ベランダから飛び降りですが、どうなさいます?」
「いやです」即答

怪談は好きだけど、根性は無い。
だってイヤじゃないの。生きた人間相手の喧嘩なら、手段さえ選ばなきゃ勝てそうだけど、相手がもう死んでるのはちょっと……どうやって喧嘩すればいいのよ。汚い手すら使えないじゃん。

怪異とは遠くにありて想うもの
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/58-6b465452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック