陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
家族へのメール

弟へ。


突然のメール、しかも初めての姉からのメールに驚かないように。

驚いても無理はないと思う。

そもそも、私たちは仲の良い姉弟とは言えない。

世間でいう家族の親密度の基準値というのが、どれほどのものかはよく分からないけれど、表立って喧嘩はしたことは無いな。

それに、これまでどちらかが迷惑をかけたこともなく、面倒を見てもらったこともない。


いや、それがあったほうが、むしろ仲良くなったのかもしれない。そもそも、どんな形であれ摩擦が起きないという事は、双方の歩み寄りがないってことだしね。


前置きが長くなった。


姉の私から、キミに頼みたいことがある。

恐らく、これで最初で最後かもしれない。遺産相続問題でも、争う事はあれキミに頭を下げることは無いと思っていたが、人生とは分からないもので、これはどうしてもキミにしか頼めない。


リラックマ×POLICEのコラボ商品が発売されていた。

警察関係者しか購入できないそうだ。


何故、そんな販売網を狭くするのか、メーカーの意図はまるっきり分からんが、今の私の身では手に入らない事は確かだ。

失望のあまり、思わずキミのパソコンの100倍は高級品、サーフェスプロ4を窓に投げかけてしまった。

その暗闇の中で、思い出したのが血のつながった弟であるキミの職業だ。

ここまで書けば、いくらキミの極悪な洞察力でも、姉の渇望を理解できると思う。

頼む、キミの立場を利用して、姉のためにお巡りさんコスプレのリラックマを手に入れてくれ。


キミの職業は、市民の幸せのために粉骨砕身、悪魔に魂を売っても良いくらいの職業だ。

言っておくけど、姉も市民の内の1人だからね。

もしも断るのなら、根に持つぞ。財産分けの時に怖いぞ。

そういうわけでよろしく。


……と、ここまで入力して、送信しようとして気がついた。

弟のメールアドレスを知らない。


やっぱり仲が悪いとロクなことがない。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/597-0b9c1816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック