陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のそっち側と男の味覚
合評

人喰いウィルスに感染した元優等生ヤンキー、母親と家庭訪問に来た学校の担任を殺した後、家から逃走し、街に潜伏。獲物を求めて街へ。
そこで以前の族にいた頃の知り合いの少女に声をかけられる。

少女、彼に酒を飲ませてラブホテルへ。実は、その目的は、ヤンキーへの復讐心でありまして、そこにはヤンキーの元仲間も待ち構えておりまして……という流れ。

「自分、イケメンの描写はていねいのクセ、女の子の描写はあっさりで色気ないな」
「……そうですか?」
「女の子の描写はすっげぇ冷たいで。まあ、考えてみ? この女の子、ヤンキーに酒飲ましてラブホテルに引っ張り込むわけだが、モーションのかけ方、腕引っ張っていくくらいやんけ。フツー谷間とか見せるやろ。腕に胸押しつけるとか、太ももチラ見せとか。色気サービスするで」
「あ、ナルホドそうです」
「でもって、感染したこのヤンキー、性欲はあるの? ないの?」
「無いですね。もう、この娘は『食い物』ですから」

飯に欲情する奴はおるまい。

「でな、説明しすぎ」

ここで、ちょっと反論する私。
「筒井康隆のエッセイにですね、小説作法の一節がありまして。その中に、読者には丁寧すぎるほど、丁寧に説明しろ、とありますがいかがなものでしょう」
「そりゃ、筒井康隆の小説だからだ」

……なぜか納得。

そして、先生に切り出す私。ペンネームに先生のお名前の漢字を一文字、使わせて頂けないかと。
その漢字は、『朗』です。男名前にしようかと思ったのですが。

「……で、なんで男名前に? 自分女やん」
「エロ小説を書くとき、よろしいかと」
「性別ちがう名前はやめとき。インタビューとか、対談とか、顔出しの仕事に差し障りが出るで」
「そうですかね」
「でもって、自分の文、男描写は丁寧なのに、女は色気ないもん。ホモと間違われる」
色気が無い……ううむ。致命傷だ。

そして、飲み会へ

持ってきたおやつに非難ごうごう。
「かっぱえびせん近江牛ガーリック味ってなんやねん! フツーにかっぱえびせんでええやんけ」
「ペッパーチョリソー味のポップコーン……塩でいいですよ」
「ポテトチップスバターハニー味? いえ、バターは良いけどはちみつ……?」

いーですやん。この飲み会は、私にとって新製品と新たな味覚発見の場でもあるのです。

「フツーで良い! 味は定番で良いんや!」

そういえば、ここで飲み会の鍋メニューに『グリーンカレー鍋』をしようとして却下されたのよね。
その鍋を家で作ろうとしたら、旦那が「鍋はフツーで良い!」と却下されたから、こっちで作ろうと考えたのだけど。
男の人って、味覚に関しちゃ保守的だなぁ。

次は、チョコレートコーティングした柿の種を持っていこうと考えているのですけど。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/63-ccb06621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック