陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のあっち側
合評。

人喰いウィルスのキャリアになったおかげで、高校生軍人二人に生活を監視される羽目になった、女子高生ヒロインの日常からスタート。
高校生軍人二人、男女そろって美形。表向きは双子の姉弟ということで彼女の家に下宿。おかげさまで同居生活しているヒロインのお母さんは目の保養に喜び、学校の靴箱からはラブレターが乱舞するという描写を入れてみる。

だって、性格がひねた人喰いヤンキーの心象風景に殺人描写書いていたら、次章は明るくいきたかったんだもの。

「いきなりノホホンとなってるで。なんやねん、このラノベっぽい描写は」
「緊張と緩和ってことでお願いします」
「緩和しすぎ。映画でも、いきなり口調や演技が変わったりしたら不自然やんか。ホラーで日常書くにしても『エイリアン』とか見てみい。どこか緊迫した空気があるやろ」
「……その章によって、明暗のくっきり分かれたホラー。そういうの、書きたかったんですよ」
「ちゃんとしたホラーを書けるようになってから言うてくれ」
「全編改稿ですか」
「全編改稿やな」
「あのー、この部分は良いよってのは無いんでしょうか?」

書くのは好きですよ? でも書く時間という問題があるので、訂正箇所とそうでないところ、出来る事なら合理的に進めたいと考えたのですが。

「ダメ。ぜんっぶ書き直し。部分部分を残して書き直しをしても、全体的にちぐはぐになるだけだから、やるなら全部やり直し。ついでにいうなら、靴箱にラブレターなんて古い! 今はラインにSNSやろ!」

……えー、ラブレターの方が絵的に面白くないですか?

しかも、ラインとSNS? ケータイもスマホもお持ちではない先生の口から、そんな単語が!
パソコンなんて分からんと仰っていた先生が、私の知らない世界をご存じ?

つぅか、遅刻寸前、トーストくわえて学校へダッシュ、曲がり角で衝突した相手と恋に落ちる展開と、靴箱に入っているのはラブレターか果し状、保健室の先生は巨乳の美人。

これを書きたくて、ラノベ書きたいとほざいていたのに!

全編書き直しよりも、先生の単語にショックな金曜日でした。

ちなみに私はガラケーです。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/67-d5557d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック