陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
ブログについて

さて、前回の続きです。

私にとって、ブログ更新は目的だけになってやしないか? ですが。

ブログ更新は目的じゃなくてツールであり、自分に対しての試金石です。


ブログというのは、現在作家志望としての自分を売り込むツールにもなる、というのが作劇塾での教えです。しかも可能であれば、毎日更新。

だけど、修行中の道や頭の中さらけだすのも、ネタが尽きることがあります。

かといっても、私は普通の会社員。


これがジェームズ・ボンドであれば、非日常が日常で、コンビニの買い物一つも国家機密に絡みそうな彼。

彼がブログを始めるならば、英国諜報部の日常垂れ流しでも極上のネタでしょうが(そうなれば、ボンドの上司Mが即刻ブログを閉鎖させるだろう)私の日常は劇的日々を送っているわけでもない。


それでも、毎日更新となると、日常ネタを出さざるを得ない。

面白くもない日常書いて更新するのか? それは更新が目的になってやしないか? 


内容の無い一般人の生活垂れ流しの中に、自分の更新も同じようになるくらいなら、最初から更新しない、というものもあるでしょうが。

だけど、ブログを始めた以上、それは一種のふて寝だなと思う。


特に私の場合はモノカキ志望ですから、日常生活垂れ流し内容で更新する事すらできないのは、修行中の身としてどうよ? と。

私の場合は、特に塾生として、作劇塾のリンクに貼って頂いています。

そうなると、礼儀としても最低限の更新は礼儀でもある。


『私は1日8時間労働の普通の会社員で、主婦でもあります。作家志望ではありませんが、宗教や世間、読書などで考えていることをブログに書いて、1日2回は更新しています。アナタはモノカキ志望でありながら、何で1日1回なんですか? しかもその程度の日常ネタ垂れ流しなら、私4回は更新できますよ?』

こんな人に、垂れ流しを諫められたら、納得。


己に関して言えば、才能がない自分自身、つまらん日常を垂れ流してでも更新しなくては、モノカキ志望として失格であると思っています。

毎日のブログ更新はそういう意味で試金石なのです。


さて、次は『従順か否か』について

スポンサーサイト
コメント
コメント
違いますよ
俺が書いたのは甲斐田さんの事ではありません。
1年更新し続けたというのは価値のある事です。

あなたのことではありません。
2018/02/19(月) 23:10:13 | URL | 西 #- [ 編集 ]
Re: 違いますよ
ネット上で何かを発現するという行為は、壇上に立って、不特定多数に演説をするようなもの。
従って『日常垂れ流しでブログを更新』という名目に当てはまる人は全て、自分の事だと思っても不思議じゃない。

そう言う事です。
2018/02/20(火) 22:48:15 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/699-e52b5e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック