陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
従順か否か

前回の続き。

塾長に対して、塾生は従順か? という事ですが。

塾長は会社の管理職ではありませんし、教祖じゃない。塾生は部下でもないし、信者ではない。

ですので、異なる価値観や考えに、何の疑問も抱かずに従順に従うことは、まずない。


現在の塾生は、社会人です。

社会の一員として日々を過ごしてきた中で、身につけて来た考え方であるとか、価値観を持っています。

その考え方が、必ずしも塾長と全て同じとは限りません。

納得できることもあるし、そうではないこともある。

塾長の言葉に疑問を抱き、その意味を問う事は勿論ある。


当然、議論に発展することもあります。

しかし、ここまあくまで『師と弟子』という信頼関係の上でなされる問答です。たまにブログに紹介されてはいます。ブロクの内容は忠実ではありますが、その時の空気感は、実際にいた当事者たちにしか分からないものだってあります。


そうやって、塾生は自分の中で考えを咀嚼して飲み込み、塾長の言葉に納得するのです。

塾長に従う事は一見同じように見えても、単なる従順というわけではない。


塾生が塾長に対して、従順ではない事を快く思われない方もいらっしゃるかもしれませんが、私はそれを悪い事とは思ってはいません。


他者の考えや価値観に対して何の疑問を持たず、自分の事も言われればすぐに捨てられる程度のモノしか持っていない人間が、何かを表現できるとは思えないからです。


そういうわけで『私は従順ではない』という事を暴露したのですが。


……次回の提出課題、受け取ってもらえなかったらどうしよう。


スポンサーサイト
コメント
コメント
あああ書いてもうた。
また怒られる・・・・。

師匠が「白や」言うたら黒でも白なんですよ。
2018/02/19(月) 23:12:43 | URL | 西 #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
師匠が白と言えば、黒でも白というのは、以前問答をして決着はついています。

なので、今回問答が起きるとすれば『自分の考えを持たない人間にモノが書けるか?』ですね。
そうなるとしたら楽しみです。
2018/02/20(火) 22:43:22 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/700-20f0e420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック