陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の裏側
合評。

前半ラノベ調描写、のんびり朝食と乱舞するラブレター場面をを泣く泣く泣くカット。
人喰いウィルスの開発苦労話、及びその風景、マンホールに入る場面に緊張感を追加。
少々味気ないなあと思いつつ、提出。

あっさり通る。
「ハイ、次の章いこか」
「あのー、講評が今までで最短の時間ですよ」

本当に良いんですか? もうこれ以上言っても無駄とか、諦めてるとかないですよね?
けちょんけちょんもへこむけど、あっさりでも疑ってしまう。これも人の業。

「余計な事するからけちょんけちょんに言われるんやろ。今回してへんもん」
「僕も今回の方がリアリティ出てると思います」

Oさんも同意。
・・・・・・そうですか。
あのー、つまり私の趣味部分は『余計』であるというコトで。
「そんな余計は違うところ(合評課題でないところ)でやれ」
俺は読まんけど、と言い切る先生。エー、読んで頂けないんですかぁ? まあ、そうだわな。

どうも、人様が望む面白さと私が書きたい面白さは、ずれているらしいと実感する今日この頃。
合評に提出し、人目にさらす事によって得ることのできた大事なココロ、というのは分かっちゃいますが、思わず「ふっっ」とニヒル笑いをしたくなる。

そんなもんか。

さて、ネトラジに出るようになって、テーマを考える。

一度やってみたいテーマ『結婚』

婚活や出会い云々でなく、結婚するにはどんな男になって欲しいか、どんな選別眼をもってして、不幸な結婚を回避するかなど、そういう事をやってみたいのですが。

しかしなあ、既婚者と独身が半々なら面白い討論形式できそうだけど、独身青年ばっかりだし。
そして、キング・オブ・独身が君臨している。この中で何か討論が発生しても、ものすごく偏りそうです。

いや、それも面白いかな。








スポンサーサイト
コメント
コメント
頑張れ!
確かにクソみそに言われるのも辛いけど、妙にアッサリ通過しちゃうのも肩透かし食らったような気持ちになるんですかね?

でも、周りもいいよって言ってくれたからよかったんですよ、やっぱり。

ハードボイルド作家の北方謙三さんは芽が出ない時代が10年以上続き、原稿を持って行っては突き返され「やめちまえ!お前なんか才能ねえよ!」と罵倒され、書いたボツ原稿は自分の背丈の数倍になったそうです。

でも、そのことが自ずと無駄な文章を削るいい修行になっていたと述懐されてますね。
それが、あの体言止めを駆使した独特の文体になったんだと思います。

頑張れ!
2015/10/27(火) 17:57:31 | URL | ひろみつ #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 頑張れ!
ひろみつ様。

ありがとうございます。
そういえば、『アカギ』の福本伸行さんも「漫画家向いてない」と先輩漫画家に言われたとか・・・・・・。

クソミソに言われるのが修業。けちょんけちょんに言われない方が怖いぞ、とも言われます。
書いてこそ批評の目にさらす事が出来るのであって、萎縮して書けなくなるのは論外。
自分の好みと世間の好みのギャップを思い知らされたのは、まあ収穫かなと思っちゃいます。



2015/10/27(火) 22:07:54 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/72-96a33d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック