陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
好きだけどさ

飲み会にて、良く糾弾されてしまうのですが。

「何で自分、ホラー担当のくせに傍観者でいるわけ?」


は、つまりこういう事です。

兄弟子がSF担当でありながら『いわくつきのモノを募集!』といって、怪異を求め、いわくつき鈴から始まり、海苔子ちゃんやジロー君と同居しているのに。

なんでホラー書いているキミが、そのチャレンジをしないのか? てことですか。


申し上げましょう。私に霊感は無い。

だからこそ、怪談愛好者になったんだあ! 第三者、傍観的安全地帯から「ひゃーおっかねえ」とのどかに言えるからこそ、怪談が好きになれたのです!

私の昔の知り合い、霊感持ちは100%

『ガチの怪談聞いた後は、えらい目に遭うんじゃあああ!」

よく分かんないけど、チャンネルがどうこうらしい。へえ、不便ねえ。

ああ、体質的に合う合わないの怪談もあると聞いたか。

ふーん、私はオールマイティよ。

何を聞いても感じない、この幸せを手放してたまるか。


て、いうわけで。

妙に刺激して、体質が変わったらどうするのよ。

と、いう逃げ口上です。


実を言えば、最近ガチで怪談体験したから、怖いんだよ。

これ以上の目に遭ってたまるか

それが本音です。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/736-6c3d9d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック