陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
悲壮感っているのかな

神社と教会に神はいらっしゃいますが、時にはTUTAYAにも神はいらっしゃる。

「これ見とけ」

と、手招きをされているのです……て訳で観たのが『高慢と偏見とゾンビ』

はあ、イギリスの高名な小説に『ゾンビ』設定を付け足しましたか。

これも視点の勝負ね……と、ネトラジを想う私。


ほほう、舞台はなんと、現代でも未来でもない、18世紀のイギリスですか……ゾンビは東洋との貿易によって入って来た『疫病』って扱いね。で、疫病を封じ込めるたむに作られた地区があって、貴族階級は対・ゾンビのために護身術として武芸を嗜み、軍隊にはゾンビを刈る職務があるのか。


その地方にある貴族の5人姉妹も、対・ゾンビ。レディとして東洋式武術を嗜んでおります。

揃いもろろって美人です。近所にハンサムな独身貴族がお引越ししてきて、その舞踏会に招かれるのですが……ああ、ドレスに着替えるシーンからして素敵。

一列に並んで、お互いの背中のコルセットを締めるシーンから、護身用のナイフを、優雅なドレスの下、白い太腿に格納する場面……そして、舞踏会に襲来するゾンビを撃退する、武闘派貴族姉妹。


ダンスを踊っていた女の子の目が、突如戦闘態勢に変化し、大立ち回りに翻るドレス。

めったにない取り合わせ、貴族社会のエレガントと武芸の融合、良いもん見せてもらいましたよ。

姉妹たちのじゃれあいもカンフーです。


ピクニック・アットハンギング・ロックをご存知でしょうか……あの女の子同士の、幻想的かつ愛らしい世界。それに加えて、19世紀の貴族社会、生活様式の華麗な映像、しかもカンフーにゾンビ! 


ハッキリ言いましょ、怖くない。でも素敵:

貴族の華麗な生活様式、可愛い女の子にカンフー、ゾンビ。思いっきり趣味にはまってます。


見終わった瞬間に思う。

悲壮感の無い、ゾンビ映画ってあるものね。

この場合、ゾンビは。アクションと緊迫感を生むだけの、添え物的小道具だからか。


そうなると……ゾンビには必ずしも「悲壮感」が必要なのか。


…呑気に悩み始めましたが、もうそろそろ、夏にはゾンビ扱っている課題小説書き終えろよと言われている私。


桜の花が散り始めた……ヤバいです。












スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/740-b316c04f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック