陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
退屈な日常
・・・・・・このブログの題名は、陶磁器と文鳥~も入ってます。
それに関わらず、その話題がほとんど出てこないのはどういった事か。
「一週間に一度は更新せなあかんで」
とは先生のお言葉。

しかし、ブログに書く内容とはまあ、一般的に見れば周辺雑記に論評など。

日常生活にフツー、ネタは無いです。
まあ、よほど特殊な職業に就いている人ならあるけど。

今週月曜日、通勤途中、梅田駅に降り立った瞬間に体がが光の中に包まれた。
気がつくと中世ヨーロッパによく似た街並みの中に突っ立っている。

『何かお困りですか? 旅のお方』

話しかけてこられても、英語は分からん・・・・・・そう思ったらドイツ語じゃないか。
あー、良かった。初歩のドイツ語なら何とかなるわ、NHKドイツ語会話で毎日15分、半年も続ければ、日常会話なら出来るのよ・・・って言っている場合じゃないだろ。ありゃ、なんだかこいつら服装も違うぞ。いやいや、服装っていうか、服の裁断からして違うの。
何というか、貫頭衣っぽいていうかね。

おやおや、そんなこと言っている内に槍や剣を持った奴に囲い込まれて、お城へ連れて行かれた私・・・・・・。
なんちゅうか、そのお城って本当に要塞みたいなお城。まあいいや。

王様の前に引き出された私。
場所は謁見の間。大理石の柱に大理石の女神像、金の浮き彫りが、壁を隙間なく埋め尽くす・・・・・・王様空間恐怖症かね。

「伝説の勇者よ、我が国は未曽有の危機にさらされておる』
 
あ、そ。ですけど、歴史上で滅んだ国はいっぱいあります。
運命だと思って滅んでくれ。

「もう一人の勇者と力を合わせ、我が国を救って欲しい」

へぇ。それより会社へ行かないと、ヤバいんですよ。まわれ右。

「わが名は、アウグストゥス2世、神の恩寵によるポーランド王、リトアニア、ルテニア、プロイセン、マゾフシェ、ジェマイティヤ、リヴォニア、キエフ、ヴォルイニア、ポジーリャ、スモレンスク、セヴェリア、チェルニフフの大公、ザクセンの世襲公爵にして選帝侯」

「・・・・・・オタク、ヨハン・ベッドガーさんっていう錬金術師ご存じ?」
「ご存じも何も・・・・・・なぜそれを知っているのだ?」

ひぃぃ、大当たりと内心ぶっ飛ぶが、現実にはぶっ飛ばない。せいぜい顔にスダレだ。
しかし、そういえばそうか。ヨハン・ベッドガーは生きた企業秘密なんだっけ。
この王様は、彼を幽閉し、当時は宝石よりも貴重な白い磁器を開発させていたのだ。
と、言う事は・・・・・・この当時、ドレスデンのザクセン選定王と対立していた強敵は・・・・・・

「あの~もしかして、敵ってカールさんて人? スウェーデンの王、カール12世」
「流石に話が早い、伝説の勇者・・・・・・おい、もう一人の勇者をここに出せ!」

のこのこ出てきたのは、何と良く知る男。
おい、ここは18世紀のドイツだよ! 何で君がここにいるの!
何で一緒に君なんかとタイムトリップせねばならんのだ、そんな悪いことした憶えは無い事ないけど、悪事をまだ認めてはいない!

「彼の名は、タケトミ。貴公と同じく伝説の勇者」
「・・・・・・知ってます」

お向かいの席です。同じ職場です。

「流石に話が早すぎるほど早い。貴公は彼と力を合わせ、ポーランド南部、クラフクを進攻しようとするカール12世の軍勢を打ち破って欲しい」

やだよ。

デブだわのろいわ毒舌だわヒネくれているわ、運動神経は見た目通りにどん底だわ、被害妄想気味だわ気は利かないわ。
暑い日に『喉が渇いた』
と言ったらみそ汁を出すような男と組んで、何が出来る。

「褒美は何でも望むものをとらせよう」
「・・・・・・望むもの」
ぴくり。
「何でもですか? 何だっていいの?」

鷹揚にうなずく王様。
この数年後、ヨハン・ベッドガーは白い磁器の開発に成功し、やがてその窯「マイセン」は世界にも有名な、超高級磁器を生産していくのであります。
うふふふふふふふふ。何でもって言うたな。

「やりま・・・・・・」
「ちょっと、あんた分かってんの?」
タケトミが口を開き、低い声で私に囁く。
「知らんのかいな。史実ではこの戦い、カール12世にこの人負けちゃうのよ」
「・・・・・・」
「あんた、さてはマイセンのテーブルセットとフィギュア下さーいとか考えていたでしょ。この目先の欲望猪突猛進。第一、あんたに戦略とか戦術とか分かるんかいな」

心底イヤそうなタケトミ。
しかし、すでに陶磁器マニアな私は、心の底から愛しているマイセン窯を手に入れるため、いかにしてそのカール12世を打ち破るか考え始めていた。
「どんな手を使ってもいいんですよね?」
「もちろんだ」
「ふふふふふ、良い案ありますよ。私の時代では国連で禁じられた武器だけど、ここなら別に良いよね」
「うわ」
何を察したか、タケトミが叫ぶ。
「あんた悪魔と魂の売買契約する気か!」
「やーねえ。売買じゃなくて、今この瞬間、レンタルだけよん」

・・・・・・なんて事でもなきゃ、日常にネタは無いです。









スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/77-6ef574be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック