FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
コワイって何でしょうね

1人なのを良いことに、焼肉をしておりまして。

焼くのはアンガスビーフと茹でたイモ、そしてサイドメニューはキムチです。白菜キムチ愛好者ですが、日本国内で製造されたものに限る。

ソムリエが監修したキムチが売られていましてね、これが200円くらいのお手頃で旨い。

ワインはもちろん1本500円以内です。アルパカにシラーというブドウ品種の新製品が出ていて、お気に入り。

安い食費で、どれだけ美味さと豪華さを手に入れることが出来るか、それが人生の勝負しどころとも言えるでしょう……と、まあそれは置いとき。


焼肉食べながら、ホラー映画を観ている自分に、ふと気が付く。

劇中、目ん玉に指を突っ込まれて殺される人間見ながら焼肉って、この感性少々ヤバくないか?

いやはや、確かに作り物だと分かりきっているけどさ、清純な乙女なら、食事のお供には違うジャンルの映画を選ぶわな。

……そう言えば、最近、恐怖を扱った作品に関して、コワイって思うことなくなっているな。


由々しき事態だと、肉を食べつつ考える。

これは『慣れ』というものなのか、感性がすり減っているのか。

そういえば、課題作品もグロ描写はちゃんとしているけど、怖いかといえばそうでもないと、合評で言われたことあったっけ。

恐怖、というのは、人間が最初に獲得する感情です。

動物にとっては一番原始的で基本にある。本能から切り離すことは絶対に出来ない感覚。

「そんな「怖い」という感覚をすり減らして、ホラー書こうというのはイケませんな」

考え込む私。

ここは、もう一つちゃんと『怖い』というものについて考えて見ようじゃないか。

と、いうわけで、ようやくネトラジ原稿が出来上がったのですが。


もしかして、落とすかもなと、毎回毎回提出原稿に怯える感情もまた『恐怖』

しかし、私が知りたいのはそんな『恐怖』ではないのよ、念のため。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/784-28f4c2bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック