FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
生の怪談

2つの怪談で、出席を許されたプライベート怪談会。


つくづく思うのは『生』の迫力は何にもかなわんという事実。

リアルタイムで耳に突き刺さり、現場の空気を感じ、網膜に焼き付けるものの迫力と立体感が違う。

そうですねえ、六甲山登頂ライブカメラ、ブルーレイの100インチの8Kの画像でも、実際に登った人の5感にかなうものは無いよってことで。

ライブ感・空気の鮮度があるのよ。


たった3時間しかいられませんでしたが、しかしこの濃さはどうよ!

思わず、日常という安定した日々を疑うような話の数々!

『怪異』から遠いアナタは、単に運が良いだけよといわんばかりの展開!

こ、怖い……創りごとじゃないから余計怖い。


よくよく考えて見よう……これは後日『怪談狩り』の中に収録される話の原型。

昨日今日と普通に日々を送り、そして明日も明後日も、普段の日常が続く『はずだった』人たちの身の上に起きた体験談。


こ、怖いよな。

ジェイソンやゾンビや美少女増殖のホラーなんか『あるわけないよ』で終わりですが、この空間に漂うのは『明日にでもあなたに起こる、恐怖の可能性』です。


はははははは、やだなあ。

久々だな。夜中のトイレに行けない感覚って。


3時間参加でも、夜中のトイレに一人では行けないのです。

それ以上の時間なら、どうなるのかね、ああこわ。


て、ことで、次回参加に向けて、次の話を一生懸命募集している最中ですよ。


スポンサーサイト
コメント
コメント
市井の人が語る怪異
ごきげんようです。
プライベート怪談会ではお元気そうな姿に出会えて嬉しかったです。

このプライベート怪談会にお邪魔していつも思うのは、甲斐田さんの仰るとおりです。
そして特別な能力を持ったわけではない普通の市井の人達の口から語られる多種多様な怪異の異様なリアリティです。

すごく身近で「ひょっとしたら自分の身にも起こるかも・・・・」と思わせるリアリティ。

僕の怪談仲間が「パズルをやっていたら2つ、3つピースが足りない。それが怪談や」と言ったけど、まさにそれを実感させてくれるのがこの場なんです

甲斐田さんの語られたお話もどれも興味深いものばかりでした。長い髪の毛のお話はゾクッとしました。

次回は7月7日だそうですね。
またお会いできればいいなと思ってます。その時はまた耳を疑うようなお話を聞かせてくださいね
2018/05/21(月) 10:27:42 | URL | 中島浩光 #AH9/n9xo [ 編集 ]
Re: 市井の人が語る怪異
中島様

プライベート怪談会お疲れ様でした。
所用のため、3時間しかいられませんでしたが、十分濃い空気でした。もっといることが出来たら、皆さんの、尚すごい話が聞けただろうにと実に残念です。
女の子を車に乗せる話は、不気味でした。

次も参加できるように、良い話を仕入れることが出来ればと思います。
2018/05/21(月) 21:59:42 | URL | みほ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/790-135d54c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック