FC2ブログ
陶磁器と文鳥
日々の雑文、カキモノをしている悩みなど
霊的ボリシェヴィキと裸足

大阪の十三セブンシアターで行われた『霊的ボリシェヴィキ』鑑賞とトークショーへ。

そして、塾生特権、打ち上げ飲み会参加!


出町柳のトークショーから、しばし話題になっていたんですが『何で裸足が怖いんだろう』

作品中、二本の足が、ぬっと立っているカットは恐怖を呼び起こすものですが、それが何でコワイのかといえば、理屈じゃ分からなかったんですよ。

だって、只の脚じゃん。

立っているだけじゃん。別に攻撃してくるわけでもないしさ。

でもコワイ。


それがついにこの夜、明らかに!

ああ、成程そう言う事か。

感覚的には分かるんですが、理論的に説明せよ、そう言われたら分からなかったんですよ。

いやはや「裸足が何で怖いかは分かりませんが、怖いもんは怖いんですよ!」と、言い返すだけの日々からの卒業です。


いやはや、打ち上げのお店の席で高橋監督とご一緒させて頂くという僥倖。

ああ、ここで幸運を使い果たした気がする……宝くじ高額当選を引きかえにするだけの幸せ。

ホントに色々聞かせて頂き、業界に関するあれこれや、ストーリーの作り方、映画の現場に関する質問などさせて頂きました。

人は、リアルタイムで触れた作品に影響を受けるもの……成程なあ。


自分が作り出した作品に対して、受け手の解釈の仕方は色々あります。中には「それは違うだろ!」反論したくなるようなものに出会ったら、監督はどう思われるのか。

え、そうなんですか。

じゃあ、結構自由なんですね……そこに優劣も正誤もないのか。

あ、ところで、映画のあの場面なんですが……


すごく幸せな時間でした。


高橋監督をはじめ、スタッフの皆様方。この集まりの機会を作っていただいた皆様方。

有難うございます。厚くお礼申し上げます。

でも、映画がロングランなんですね。

他の観客の方々も、久しぶりに怖い映画を観たと仰っていましたが、私にとっても『こわっ』と、久しぶりに思った作品がロングラン、とっても嬉しいです。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/793-075f8253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック