FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
梅雨と体力

頑丈というのは、病気をしないという意味もありますが『行動力や気力が、湿度や外気温に影響されない』という意味でもあるのね……という最近の結論。

髪の毛が湿気で爆発して、スタイルがまとまらないのよ、なんてどころではありません。

季節の変わり目や、梅雨に入った時、職場のお昼ご飯タイムの話題はこれ一色。

「体がどうもかったるいっすねえ」

「仕事なんかムカついてやってらんねーですよ。集中力が続きませんわ」

「うおぉ、だりーわ。休みてぇ」

妙齢のマダムたちが、まるで校舎裏に集うヤンキーたちのごときやさぐれた会話を交わしております。

この時期に、体力あり余っている人なんか信じられない。そんなの人間じゃないわ、異端審問にかけてやれという勢いです。


実際、季節の変わり目は、朝晩の気温の温度差によって体力を消耗するようですね。

結構、弔電打つ仕事が多いのよ。この時期って。

まあ、10代の頃とは基礎体力や持続力も違うよって事で。


ですが、大人になるとなにがしかの義務とか仕事が出てきます。

かったるいとか休みてぇとか、叫びながらでも片付けなくちゃいけない案件とか、行かなきゃならない場所がある。根性を出して行く場所がある。

それが、金を稼ぐ場所であるのか、それとも己の目標を追求するために通っている場所なのかは、人それぞれですが、それは堕落を止める、一つのつっかい棒でもありますね。


ちなみに、私が一番体力的にきついのは夏です。

毎年最高温度を更新しているじゃんか。暑いのホントにダメなのよ……

堕落の前に、秋まで生きていられるかが、毎年の心配ごとですわ。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/811-243ee428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック