FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
小説作法の思い出

小説というものは、日本語が書けて読めりゃ、スタートの敷居は高いものじゃない。

好きな作家の本を読んでいる内に、なんとなく「こんなもんか」てな風に、感覚的に書き始めるのがまあ一般的。

そして、始めれば誰しもが一度は手に取る「ハウツー本」

当然ですが、小説の書き方もハウツー本があり。

当時、小説を書き始めた私も手に取ってみたのでした。


さて、そのハウツー本、地の文の書き方で注意していたのは、視点をごちゃ混ぜにするなという事。

例えば、AさんのモノローグとBさんの心の声を同じ場面で同時に書くなと。

これはテレビアニメ好きにありがち、神の目線というそうで。

映像に例えれば、Aに,Bにとカメラがせわしなく切り替わるようなもんで、非常に読みづらい。


そして、セリフは3行以上連続で書くな、誰の口から出ているのか、読者が混乱する。そういうのもあったかな。

そして、魅力的なキャラクターを書けって……それが出来ないから読んでいるんだぁ!


しかし、最近はセリフ主体、3行以上連続どころか、5行8行も続く作品もある。

そうかと思えば、今読んでいる新聞小説。セリフ少な目、神の目線部分が結構ありますが、それもまた面白いんですよ。橋本治さんの「黄金夜会」です。

ああっ 熱海で別れた貫一と美也(宮)が、メンチカツ屋の店主と人妻として、ついに再会したわ! と、まあそれは置いといて。


テクニックや理論は、時代や作者の技量によって変わるらしい。

と、いうか面白ければ良いのか。

しかし、文章が下手なせいで、話の筋そのものは面白いと気が付くのに時間が必要な程、読むのが苦痛だった小説もあったっけ。


なんてうだうだ悩んでないで、さっさと書かんかい……ですね。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/814-deebbd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック