FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
超・ありがち小説

飲み会にて、次は何を課題に書く? という話になる。

ああ、ヤバい。ご町内ナイト・オブ・ザ・リビングデッド……まだ最終シーンを考えていないのに、すでにもう完結しているかのようなノリだわ。

次は怪談書け、とは言われているけど、浮かばねーなあ。

去年賞に出して、落っこちた作品を「何故落ちたのか?」という検証ついでに出そうかなあ……と思ったのですが。


剣と魔法のファンタジー小説における、転生ものとか最近よくある展開の話から、スポコンやラブコメなど、各ジャンルにおける『よくある展開』という話題になる。


「超・ド定番書きたいですね。つうか『あるある』と『ありがち』『お約束』てんこ盛りのエピソード全開ストーリーなんて如何でしょうねえ。例えば、スポコンなら『主人公は貧乏でライバルは金持ち』とか」

「隣に住んでいる幼馴染が、毎朝主人公を起こしにやってくるとか」

「不良とお嬢さまの恋。お嬢さまに惚れている優等生が、君のためなら死ねると叫ぶ」

「主人公が通っているのは悪のゾノハナ高校」

「妹系、お姉さん系・幼馴染系美少女てんこ盛り」

「ヒロインのお兄ちゃんが堅物でシスコンの美形」


さて、これらの要素を全部ぶちこんだストーリーとはいったいどんなものになるんだ?!

と、いうか、良いのか? こんなもの合評課題に出していいのか?

考える私の頭に、先生の声。

「書くのはとにかく、投稿はするなよ」


え? 書いて良いんですか?


うーん。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/855-0ba6ae68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック