FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
カレー愛

そもそも、灼熱の京都へ(京都陶磁器まつり)へ行かなければならないのも、先の震災でカレー皿のほとんどが割れたせい。

6皿あったんですが、5皿割れました。

残されたのは、たった一皿だ……ああ、マイセンに作家物、お気に入りだった皿たちよサヨウナラ。

つうわけで、早いところ新しい皿を買わないと、カレーが食べられない。

いや、パスタやシチューやおでんなど、作れないではないか。

「カレー皿が無ければ、どんぶりを使えば良いのよ」

職場の皆さんのご意見IN社内食堂にて。

マリーアントワネットの有名なセリフに似ていますが、中身はどこか生活じみてます。

イヤですよ、と私。

「正当な皿を使わずに、間に合わせの皿にご飯とルーを盛るなんて! カレーを愛するものにとってはは、そんないい加減な事は出来ません! カレー愛に殉じる以上は、皿もきちんと確保!」

「つうか、何でお宅はカレー皿が6枚もあったのよ。フツーは一枚でしょうが」

「チキンカレーに牛肉カレー、キーマカレー、具材などによって雰囲気は異なりますから、その時々に合わせた皿をチョイスしていたんです」

カレーを愛するが故です、と言い放つ私に、先輩突っ込む。

「カレーを本当に愛していたら、どんぶりだろうがコーヒーカップだろうが、容器にゃこだわらないと思うけどね」

「……少女漫画鉄板セリフ『何だって良い、君さえいていてくれたら、何も要らない』それが真実の愛でしょうが。カレー入れる容器がないから食べられないって、それは真実の愛なの?」

「……」

「それに、ちょっと前にオタク、カレー腐らせなかった?」


己の愛というモノに揺らいでいる私。

でも、カレー皿は買いました。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/870-a6000eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック