FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
現実逃避

まず、操る新型ロボット兵器の名前から考えた。

「メタル」という響きは好きなのよ。メタルアーマーだとか、メタルギアとかありましたねえ。

ちなみにメタルジャックというアニメがございまして、DVDボックスを検索したら新品が10万近く……ああ、マニア作品の怖さよ。内田順久キャラクターデザインのアニメは、結構そう言うのが多い。

てことは置いとき。


そうだなあ『鋼鉄の奴隷』というのがよろしいわな。だってオートじゃなくてマニュアル操縦を『スレイブモード』っていうもんね。頭文字がM・Sになりますが、これもモビルスーツと同じでいい塩梅だな。決まったぜ。

さて、本題はパイロットと、そのMSに乗る動機とか時代とかその社会的背景とか家族構成とか組織図とか階級とか、考えにゃならん。

パイロットは見目麗しい十代後半ね。ええ、ベテランでも60代は却下よ。そういう年代の奴はコクピットでなくて、艦長席にでも座っとけ。

えー、やっぱり、人間型兵器に乗る羽目になるのは、宿命感とか運命的って言葉がいりますね。

そうだなあ、手っ取り早く兵器の整備士にしておくか。

見習いって事にしておけば、大人の組織に子供がいても違和感あるまい。

さてと、組織は反政府にするか正規軍か、構成はどんな奴らか。敵はどんな奴か。

おっと、その前に忘れちゃいけないわ。

色気も考えとくか。ヒロインね。

主人公はパイロットですからね、十代ですからね。

幼馴染という設定は、スリーサイズオール100という失策を犯したので、次こそ正統派ロマンスを考えよう。

美人の教官、美人の上官、美人の同僚。年上という設定はそそりますね。気の強そうな美人のツンデレはいいですねえ。

やっぱり、一度は主人公を引っぱたくシーンが必要ですね。

おお、ライバルを忘れていましたよ。

うーん、お約束に従って、変なマスクで顔を隠している『マスク取ったら実はハンサムで、実は敵方の組織の上官でありながら、その上層部の一族に復讐という目的持っている人』を登場させなきゃいかんのだろうか。

……と、この妄想で休日の一日を浪費。


楽しいけれど、有意義かどうかは意見が分かれます。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/872-8cbe706c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック