陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のそっち側
合評。

T野版を加えて再編集、そして失敗した男子高生軍人の軽口削除、任務失敗の苦悩とか、新たな敵への闘争心など入れて書き直し。

「やーっと軍人らしくなってきたじゃん」

地の文ではなく、セリフで状況説明しろとか細かい部分直して、ようやく一歩。
あー良かった。
思えば11月から止まっていたよ。2ヵ月もかかっちゃったよ。

「もうラノベ調は削りましたよ・・・・・・ハードボイルドで行きます」
「そうしとけ」

さようなら、ラブレター乱舞に呑気な朝ごはん場面。
書きたかったよ、手作りお弁当差し入れと女の子同士のパジャマパーティ。
ああ、軍人たちのお茶会場面も入れたかったな。

「習作だから、何でも書けるって思ったんですけどねえ・・・・・・言っちゃえば、実験みたいなもんだし」
「すでにその実験は失敗しとるって、何度言わせるねん」

大体やなあ、プロの作家だって、何でも好き勝手に書いてるワケちゃうぞと先生。

「ライトノベルは企画ありきで、漫画だって編集部の意向が入るんだから。それだからプロの作家でも、同人で好き勝手に書く人がおるんやんか」

でも小説は比較的、その辺は緩いらしい。

「あーでもなあ、漫画描ける人は良いですね。羨ましい」

実は漫画家になりたかった私です。
アクションやメカニックなどの表現は、漫画の方が迫力あるし。
それに、あんまり突飛なストーリーでも、漫画ならなんとなく納得して読めるし。
特に『暗殺教室』なんて、漫画向きの話です。

「・・・・・・漫画が一番難しいけどな。ストーリ以外に、絵を書くセンスもあるやろ。単に絵が上手いだけじゃなくて、コマ割りとか構図。映画を良く観る人間は、そこのところ上手いけど」
「プロになろうとは思いませんが、今からでも絵の練習しようかなあ」

手が書けない、全身像が書けない、右向きの顔が書けない。
でも練習すれば、何とかなるんじゃないかなと。
実は、登場人物のイラスト書きながら、進行を考える事が多いのです。
絵を描く事によって、具体的なイメージが出てくるのです。コイツこういう性格だなとか、話の場面の舞台装置を考えるとか。

「やめとけ」

きっぱりと言われました。

「小説にしておけ」

思えば、先生は過去、何人かの漫画家志望の塾生さんに別の道を示し、進路変更を促されています。
結局その道に進み、プロとなった人たちが何人もいる。

適性を見抜く、その先生がきっぱりと「やめとけ」

・・・・・・さようなら、ラノベ調ホラーに続いて、漫画家の道。

あーあ、漫画『吸血姫』の美夕、夕維と、田中芳樹の『薬師寺涼子シリーズ』の挿絵を描かれている垣野内成美さんの絵を目指したかったんだけどなあ。

と、あっさり諦めたところで、漫画の才能無し確定です。







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/89-ef5db5af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック