陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾のあちら側
合評。

ちょこちょことした修正部分を直して、無事に次の章へ行くことへ。

ああ、やっとこさ殺戮が書ける・・・・・・なんて書いて気がつく。やっぱり血塗れが好きね。

「前章のSF場面にアクション場面、T野がしびれ切らして手伝ってくれたようなもんやろ」

らしいですねえ。
『どーしてこう、上手く書けないものかなあ? どけ、俺が手本を見せてやるぜ!』
と、書いたら、私ってばそのままパクっちゃうし。
おまけに
「共同執筆しません? T野さんSF部分、私ホラー部分」
なんて持ちかけて、その安直な提案に愕然とさせるし。

でも、SFとアクション部分は下手でも、書くのは好きなんですよ?

「でもなー、どう読んでもSF無駄なんだよな。全編ホラーならまだしもさ。人喰っている奴の描写だけの方が話面白いし」
「それはそれで、違う話考えていますよ。話に血塗れだけじゃ、書いていても気が重いし、どうせコレ習作」
「プロ目指すための習作じゃねえか。どうせじゃねーだろ」

いやはや、合評のたびに『SFいらねえよ』『いいじゃないですか、書かせて下さいよ』
の争いです。

一回話の設定を変えて、血の涙を流しながらラノベを捨てたので、これ以上はゆずりません! 書きたいから書きますよ!と強気ですが、内心ひやひや。
上手く話が進めば「これでSFがなければなー」と嘆かれ、上手く運ばないと「SFが話をこじらせてるし」と指摘され。

でも自分でも分かるのは、私は確かに殺戮場面の方が書いていて『乗る』
だって、実際に人を殺すなんて出来ないし、出来ない分どこまでも想像の幅があるのです。

まあ、良かったじゃん。
今まで見えていなかった、得手不得手がはっきり分かってさ。

さあ、それでもどう先生を丸めこんでこの話を完成させるか。

先生は立派なプロですが、こっちも一応、それなりに社会人経験を積んで交渉術を身に付けた大人。
ふふふ、どう戦うか。

焼酎飲みながら、亭主が一言。

「面白きゃ良いんやろ」

部外者の一言は非常にシンプルだ。















スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/93-11a7cc90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック