FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
名作の悩み

昔にコレクションした漫画が、押入れから多数発掘されたので、それを読みつつ酒を飲むのが最近の楽しみ。

て、わけで『ベルセルク』

三浦健太郎作・ダークファンタジーの最高傑作です。


え~友情と復讐、因果律とか色々な物が重なり、混じり合い、突っ走っております。

数年前、劇場映画化された折に、職場の先輩に「面白いの?」と聞かれたので「すっげえええええ面白いです」と言ったのは良いのですが、それ以上説明できませんでした。


ストーリーの中身以上に、主人公のガッツと、グリフィスの錯綜する男の複雑怪奇な過去の友情だとか、復讐にいたるまでの事情とか『蝕』に生き残り、その間に立っているキャスかとか、パックとか、ファルネーゼだとか、彼女の異母兄であり、忠実な部下であるセルピコだのというキャラクター造形の面白さなんか、どうやって語れというんです。

第一、あの凄まじいの一言に尽きる作画ですよ。

読め。それだけです。


……で、読み直しているんですか。

名作の条件、凄さというのは『色あせない』『当時に読んだ以上に、現在の方が頭に染みる』ですね。

主人公ガッツの殺伐とした少年時代と、『鷹の団』グリフィスという親友兼上官と仲間を得て、淡い恋心を知る黄金時代、グリフィスの野望の失脚から一気に雪崩れ込む、鷹の団全滅の惨劇と崩壊、そして現在、ガッツはグリフィスに復讐を……ああ、どうなるんでしょうね、コレ。


ついこのあいだ40巻出たけど、未完ですよ……どうなるんだ。

無事に最終回を迎えるのか?

名作というのは、そんな心配で結構心臓に悪い。

チェー●レとか、NAN●とか、名作だけど未完ってありますから。


ちなみに、私の人生の史上、一番面白すぎて、最終回が読めない口惜しさから心臓に悪すぎて再読できない漫画はアレです。

手塚治虫先生の「ネオ・ファウスト」


……最終回を知りたいんです。誰か恐山へ行く人はいませんかね?








スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/933-3f347bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック