陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
塾の裏側・敗北・・・・・・
合評。

さて、安宿に潜伏していたは良いが、因縁の相手につかまってしまった感染者ヤンキー。
相手は元暴走族の頭で、ウィルス感染で死んだ弟の敵及び真相を知るために、感染者ヤンキーを探し回っていた男。
弟の死はこいつのせいだと復讐に燃える元・頭。
感染者ヤンキーを地下に拉致して嬲り殺し、ついでに殺人ビデオを撮影しようと彼に迫る・・・・・・感染者ヤンキーの危機!

でもなかったりして。

感染者ヤンキーに噛みつかれた男がウィルス感染。ウィルスが拡散、地下室は阿鼻叫喚。
うふふ、書きたかったのコレ。

そして、これを読んだ先生から、ついに冷酷非道な判決が下される!

「も、SFやめちまえ」
「ええええええええええっ」
「だってSF全然おもろないねんもん」

ホラーとSF、エピソードの完成度の差があり過ぎだそうで。

「80年後から来た軍人なんて全然つまらないし、女子高生ヒロイン役立たずだし、SF描写は面白くないし兵隊ごっこだし、読みたい気が起こらない」
・・・・・・あのー、塾に通って5年は経とうとしていますが、史上最高レベルの酷評ですよ。
いえ、私個人じゃなくて、過去現在と塾生全員の中で。

「も、ホラーでいこう、設定変更。そっちに行くべき」
「あのー、1年半は書き続けたこの話・・・・・・その2秒で終わりでしょうか?」
「前から言ってるやん」

もう絶対に動かんぞと先生の眼力。
ぶうぶう言ってみたけどダメでした。

「挑戦したかったんですがねぇ」
「始めから負け戦やって、俺が予想しとったやろ、その通りやんか」

聴覚の外側から、俺の予言は外れた事が無いと聞こえてくる。

・・・・・・分かりました。設定変えます。

ふふふふふ、だって保険かけていたんだもん。

カクヨムにアップしているもんね。こうすれば、合評とは別のところで書けるもんね。
と、言う事は、自分のやりたい放題書きたい放題。
わはははは、ラブレター乱舞が書けるぞ、お茶会でも何だって、ぬるい日常が書ける!
『やっぱり、最終回に任務の犠牲者はいるよなぁ、悲壮さアップを狙って、男子高校生軍人殺すか?』
なんて、飲み会で出てきたトンデモ案件も無し!

おーほほほほほほほ、こうやってゆずったように見せかけながら、ちゃっかりやりたいように抜け道は作っておく、それが大人の女の流儀!

と、高笑いしつつ。

・・・・・・で、どう変えるのさ、設定。

迷走のその先、ゴールは見えない。












スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/98-34657cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック