FC2ブログ
陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
駄文更新・映画生活

さて、フリードキン版「恐怖の報酬」という腹にたまる映画を観た私ですが、己の今後の映画生活は大丈夫かという不安を覚える。


モノクロの日本映画好きは、塾以外でも何人か知っていますが、彼らの「現在の邦画を楽しめない」という嘆きをどれだけ聞いたか。

スター不在だのアイドル映画だの原作汚すなだの、ボヤキ内容ほぼ共通しています。

ハイ、私もその内の端の端、きれっぱしに捕まっていますが、実際そうだし。

シン・ゴジラは好きだけど、邦画は実写よりも、アニメの方が優秀な気がする……シン・ゴジラの監督は有名なアニメ監督ですけど。


と、いうように、基準が上がると今まで普通に受け入れてきたものがつまんなくなる、これもまた、一種の悲劇。

ああ、きっと私は今後、マーベルとかディズニーとか、家族向けハートフル映画がきっと物足りなくなるんだわ。これって範囲が狭まったというんじゃないのかしら。

よよよと泣き崩れる。本心的には別に良いけど。


とりあえず、あの映画を観た後、夕食の酒の肴とはいえ『アメイジング・スパイダーマン』を観る気があまりしなくなった。

ワンス・アポアタイム・イン・アメリカにしよう。


そういえば、そろそろ兄弟子が幽霊と対決するはずである。

勝てるか? 兄弟子。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://miho1130929.blog.fc2.com/tb.php/985-f0228112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック