陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
綾波と富岡の間には

成瀬巳喜男『浮雲』を観る。

日本映画大好き、塾のビール担当が褒めちぎっていた名作映画。


確かはるか昔、清純な乙女だった頃に観たのですが、当時は男女仲の機知や泥沼のような情も知らない、潔癖で夢見るお年頃。

8割くらい内容も忘れておりましたが、何と言っても女の友情おススメですし、聞いていても面白そうと思ったので。

アンコウの肝と豆腐の鍋、梅酒飲みつつ観ることになりました。

ちなみにアンコウの肝は中国産で、1パック激安200円以下。豆腐は3パック68円です。


まあ、いわゆる不倫ですわ。

戦時中、ベトナムで富岡という農林省の技師と知り合ったタイピストのユキコは、最初は彼に良い印象は無かったんですが、徐々に惹かれ、そして愛人に。

妻と別れてキミと一緒になるという言葉を信じて、終戦後に彼を訪ねて見れば、奥さんとは別れてないし、仕事もうまくいっていないダメ男状態。

それでも、帰る場所の無いユキコは、富岡とずるずる関係を続けるというわけです。


情けない男、富岡を演じているのは森雅之です。

しかし、この富岡はモテるんですわ。

妻がありながらユキコ、ユキコがありながら、若い人妻に近所のお嬢さん。

よく「あなたは自分の事しか考えていない」とユキコになじられるのですが、ちょっと違うよと、梅酒を飲みつつ思う。

空っぽなんだよ、この富岡という男。

気概もない、気迫もない、主義主張もないし、ただ流されるだけ。そこには同情心も共感性も無い。

女に泣かれてもなじられても、怒りもしないし泣きもしない。

男としての感情や人間性が欠落していますな。


エヴァンゲリオンの綾波レイを思い出したよ。

綾波も空っぽなんですわ。

欠落感を具現化した無表情な美少女、そう言えば『私、なにもないもの』というセリフがあったっけな。

そう言えば、皆があこがれるアイドルも虚像でして、あれも一種の「空っぽな存在」ですよね。

人の思い入れや憧れや幻想を詰め込み、投影する『虚像』

だから人は虚像に憧れ、虚像を求める。

成程、森雅之と綾波レイはアイドルみたいなものか。

まさか富岡ならぬ、森雅之のモテっぷりに、綾波レイを想像するとは思わんかった。


一方、ユキコも欠落感の塊だなと、豆腐食べつつ考える。

行くあてもない。生活力はあるけれど、足もとが頼りないんだわ。

孤独と欠落感を抱えるゆえに、投影しやすい空っぽ男に執着する。成程。


でも、一番感心したのは、富岡とユキコが一緒に歩く距離感ね。

お互い、腕同士は触れているけど、手はポケットに突っ込んで決して手をつなごうとはしない。

終始、二人はその距離感ですが、アレは喧嘩しているとか、親しいけれど溝がある男女の歩き方です。


……欠落感を抱えるがゆえに、空っぽ男に執着するユキコ役、高峰秀子を観ながらずっと考えていました。

欠落感を抱えた、金持ちで性格良好の正統派美男子。それなら勝ち目はありそうだ。

どこかにいないものかな。


完全趣味小説

期限付きでカキモノをしている時、時間に追われながら「お肌の手入れが」「完全趣味小説書きてええええ!」「映画……本……」などとぶーたれまくっていました。

それで、今ですが。


うん、仕事はとにかく、課題小説しか今はないな。

……ああ、それなのに。

パソコンを開き、去りゆく時の流れに目を向けながら、己と対話するとワタシ。

書きたかった完全趣味小説はどうした?


手垢のついた展開、口にするのも恥ずかしいキャラクター設定に相関図、読者も書き手も同一人物だから、作者の趣味が読者の期待。

美形てんこ盛り三角関係ツンデレ嗜虐被虐、ご都合主義のSF風ラノベ陰謀小説はどうした?


例え世界の滅亡と引き換えにしても、他人に見せてはならない秘密の作品とは言え、書きたかったんじゃないのか?

いくら行き詰ったとはいえ、脳みそ拒否とはいえ、結局書けなかったなんて自分で自分が情けない。


と、いうように落ち込んでいます。

だって、課題作品しか書かない期間しか、出来ない趣味だもん。

……これでまた、完全趣味小説はしばらくお預けか。


あーあ。




純愛ホラー

今更ですけどね。


焼肉食べつつ「ロリータ」を観ました。

ちなみに鹿児島産黒牛和牛が、スーパーで半額だったので出来た焼肉です。

おかげで部屋に肉の匂いが染みついています、ファブリーズも無力なので、窓を開け放った家の中の気温は2℃です。どうでも良いか。


有名ですけどね、ロリータ。

前幕は、荒れ果てた邸の中。酒に酔いつぶれ、落ちぶれている男、その落ちぶれた男を殺そうとしている復讐者の場面から始まります。


事の起こりは4年前。

パリからアメリカにやって来た大学の先生、夏を過ごすために下宿探し。

候補先の下宿先、主人の未亡人の押しつけがましい自分のアピールと、宿の売り込みにウンザリとなった教授でしたが、「ここは止めとこう」そう思いながら出た庭で、水着姿で日光浴していた未亡人の娘に魂を持って行かれて下宿を決意。


ここから始まる教授の転落劇です。

未亡人の娘……ロリータと離れたくなさに、未亡人と結婚。

でも未亡人は、夫となった教授の日記を盗み読んだ事で、彼の欲望が娘へ向いている真意と、自分への嫌悪感を知って家から飛び出して、車にはねられて事故死。

教授は、ロリータと二人きりの生活を手に入れたのですが、何せ相手は子供と大人半分半分の美少女。

ロリータは何を考えているか分からない。

恋する男にとって、当然、不安ですわな。

嫉妬の塊ですよ。

高校生活を送る彼女に近づいてくるであろう、男子学生の影に怯え、怒り、嫉妬し、ロリータを閉じ込めようする。

その一方で、家事や料理は自分がして、ロリータが欲しがるものは全て与える、彼女に奉仕状態の生活の教授は、ロリータの奴隷であり、暴君。


ロリータが自分の監視下に置けるように、ついには学校を辞めさせて自動車という密室に押し込み、二人きりで放浪の旅ときたもんだ。

尾行してくる車に怯え、警察に怯え……己で作り出した閉塞感と追跡者に恐怖する主人公の教授、その姿は実に鬼気迫る姿。


奉仕と支配が混ざり合う、極端な関係性。その狂気は、ホラーの題材としてよく使われますが、それなら「純愛」も然り。

本当、純愛って怖いわな。

「あなた以外、誰も目に入らない。アナタとワタシ、二人だけの小さな世界に永遠を閉じ込めて、一緒にずっと暮らしたい」って、願望だけなら美しいけど、実行に移したらホラーに早変わり。


結局、ロリータが本当に夢中だった相手は……ああ、教授じゃなくて……そうですか。

まあいいか。最終的にロリータは幸福だし。

でも美少女って、ホラーっていうより残酷ね。


しかし、可愛いから許す。


SUNABAギャラリーにて考える

「手のひら怪談」作品集を展示中のSUNABAギャラリーへ。


ギャラリーのある、あの中崎町周辺は梅田から少し歩いた住宅街でして、昭和な古い街並みに数多くの雑貨屋やカフェ、古着屋さんが店を出している、カワイイとシブイが溶け込んでいる不思議な街なんですな。


さて、その中崎町西にあるレトロビルの中に、ギャラリーが移転されました。

前は日本橋だったかな。でもこの街の方が私の好み……ってどうでもいいですか。


手のひら怪談の応募作品は、山下昇平さんの絵をつけて頂いて、ファイルで一つ一つ保管されています。

ああああ、嬉しい……私の作品にもつけていて下さっています。

ちなみに前回も自分自身の体験を応募したのですが、つけて頂いた『怪異に遭遇した私』の絵が本人と乖離しており、作劇塾内で「何でやねん!!」と大評判を取った過去があります……。

長い黒髪の、美しい私の姿。この絵は家宝ですよ。


さて、当然ながら、他の方の作品も読ませて頂く私。

「怖いってなんだろうな」

人様の作品を読むことによって、改めて自分にとっての『怖い』を再認識する作業でもありました。

読んでいると、やっぱり自分にとっての『好み』が分かってきます。

どんな話が厭か、怖さを感じるか。


そして分かったのは、どうやら、私はかなりベタベタな怪談が好きらしい。

分かったところで頭を抱える。


それが一番難しい。

パクリと参考の境界線

映画観ろ、落語聞け、古典に触れろと、監督ならぬ塾長のかけ声は今日も体育会系。


そう……想像力と妄想力という創作の元、バリエーションを増やすにはあらゆる作品に触れ、他人や外に触れてみようというものです。

そして、書いているカキモノの展開に詰まったら映画を観よう。

何かいい考え浮かぶかもしれない。

……て、わけで。

観ました『新感染』

韓国の映画です。カサンドラクロス×バイオハザードです。


主人公はファンドマネージャー、いわゆる証券マン。

一人娘と母親と高級そうなマンション住まいですが、妻とは別居中。どうやら仕事の虫過ぎて、愛想つかされたらしい。

仕事が忙しくて、娘の誕生日プレゼントに、子どもの日に送ったゲーム機と同じものを送るところに、父親の空回りは見える。

失敗した誕生日プレゼントの代わりに、母親のいる場所へ娘を連れて行く羽目になった主人公。

釜山行きの特急列車に乗り込んだ父と娘、そこにはボロボロに傷ついた女がいて、必死で自分を押さえつけるようにもがいていたのですが……


ゾンビ映画の定番です。感染が広がる閉鎖空間、逃げ惑う人々、団結と仲間割れ、自己保身と自己犠牲のぶつかり合い。群れを成して向かってくるゾンビは、とってもな素敵なイヤさ。

定番だけど、舞台が列車に変わると視点も変わる。面白いな。


ストーリーも勿論でしたが、今回私が観たかったのは『ウィルス感染が広まった場合、特急列車はどう動くのか?』

列車の外もすでに感染が広まっていると、劇中ニュースで報道されるのですが。

感染者たちが暴れている事態を、マスコミはどんな表現で報道するのか? パニックにならないように、市民にどう呼び掛けるのか? 軍隊はどう動くのか? 封鎖する地区のポイントはどこだ?

他の駅にも、感染者がうろついています。しかし、車内にも感染者はいる。

この場合、安全策はどっちを取るんだ? 乗客を降ろすために特急列車は緊急停車するのか? それとも外の感染者から守るために通過?


参考にするのは、設定とかストーリー展開じゃないもん。

これはパクリではない。

素晴らしい、初めてメモをしながら映画を観たよ。

参考にさせてもらうよ、うふふふふ……


でも、劇中のアナウンサーのセリフはパクらせて頂きます。