陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
不仲な二人

お昼休みの食堂にて

「出会って10年、いつの間に私たちはここまで乾いた関係になったんでしょう」

うどんを食べながらしくしくと訴える私。

「初めてあった日の私たちはこんな関係じゃなかった。もっとお互い、愛想が良かったのに……」

「誰だって、初対面は愛想が良いわ!」

蕎麦を食べながら口を曲げる女性上司・主任。


「大体、何で倦怠期の夫婦みたいな会話をキミとせにゃならんのよ」

それもそうですがと答える私。

「大体、君とはどこまでも趣味が合わんし」

「まあねえ、主任とは趣味の話で盛り上がったことは皆無ですね」

「キミのホラー好きはどこまでも分からない。私にとってこの世から無くなっても良いものがスプラッターとかホラーなのよ」

「実は私、主任のお好きな『感涙モノ』というジャンルは撲滅しても良いと思います」

「何でわざわざ怖いもの見るのが面白いのかね。精神的マゾとしか思えん。」

「テニスだのマラソンだの、自分自身を体力的限界の崖っぷちに追いやって痛めつけるのも変態ですわ」


しばし、無言の上司と部下。


「私の友達には全然いないね、キミのようなタイプ」

「いやー友として親しくなろうにも、私と主任の間のどこに接点があるんです?」


職場って凄いよねとしみじみと主任。


「仕事というのは、共感とか好き嫌いの個人的感情を排除して、役目や能力を重点にして集まるものだからさ、性格の相性なんて関係なしの人間関係なのよねえ。ある意味すごく合理的、かつ運命的」


二人しみじみと互いの昼食を見つめる。

主任は蕎麦派で私はうどん派。


「私、主任とは仲良くなれない気がします」

「有難いね、私もそう思う」


……主任とは、いつもここだけは気が合うんだよな。

スポンサーサイト
塾の向こう側

塾生の在籍年数のばらつきが出て来た我が塾。

先生も考えていらっしゃいます……さて、授業の話をどうしようか?

最近入って来た塾生さんには、授業で話したい事があるんだけれど、これって前にもやったよな? 長い塾生はもう話しちゃっているし。


「と、言う訳で、質問形式にする。聞きたい事や知りたい事があったら、それを元にした講義にするで」


……うーん

悩む皆さん。


まあ、なんとなく思いますよ。

質問があってしても、それが己一人だけの疑問だとしたら、他の人にとっては知っている事であれば、ちょいと悪いよね、とか。


私にも創作上の悩みは多々ありまして『どないせいっていうねん! みんなどうしているんだぁア』と疑問をシャウトする場面がありますが、これは自分で何とかせいよ、授業時間を使うモノじゃないよってもんだし。


さあ、そういう訳で私以外の人々よ、授業のインプットはあなた方の時間だ!


私は横で聞いています。

過去の内容と被ったとしても、面白いんだもん。


駄文更新

朝まで夜通し飲み放題・作劇塾飲み会参加し、家にたどり着いて二時間仮眠。洗濯して掃除して買い物行って、ファンキー中村さんのイベント参加。

そして今帰宅。


ここまでつらつらと言い訳臭い文章を書いている理由をお分かりいただければ幸いです。


眠くて、もうブログを書けない……ぐう。

酒の肴:決意表明

さて、考える必要はどこにあるんだ? と毎週聞かれているこの悩み。

酒の肴、炭水化物編です。


焼き鳥と炭水化物で構成されている飲み会の肴ですが、すでに夏の暑さ。

熱い麵なんて、作るのもすするのもげんなりする。

何せ毎回炭火焼ですからね。冷たいもんが欲しいです。


素麺、そば、うどん、冷製スパゲティ。

このローテーションで行こうかと考える……最近、ぶっかけの出汁が豊富です。冷やしカレーがありまして、思わず手に取ってしまったわ。

おや、肉みそってものもあるのね。

スダチおろしですか、良いですねえ、さわやかで。ゆずもスダチも、柑橘系の香りは大好きよ。


と、言う訳で夏の間は基本、冷えた麺類でいきますって事で。

それ以外のものが食べたいという飲み会参加者は、己の力で私の料理当番の座を奪い取り給え。

……と、はっぱかけているのに、誰も挑戦者がいないとはどういうこったい。

疑問を感じる今日この頃です。


ところで、私は冷やし中華は苦手。

どんな夏が来ようとも、冷やし中華は飲み会では出さないぞ。

冷やし中華を食べたい塾生は、私から料理当番の座を奪い取りにいらっしゃい。






塾の前日:駄文更新

この世の快楽の89パーセントを封印したおかげで、何とか課題小説も書けた……

思えば幾度も『ヤバい、落とす!』という局面に出くわしましたが、まあ何とかしのいでおりますのは、運が良いのかそれとも『ヤバい!』のハードル設定が実は低いのか。


所詮は好きでやっていることだろ、別に頼まれてやっている訳でもないじゃん、といわれれば、それまでですけどね。


まあとりあえず、課題小説はセーフだ。


……そして気が付いた。

ネトラジ台本考えるの忘れていた!


ヤバい。落とすかも。