陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
へたれですが、何か?

職場にて。

この時期になりますと部下と上司の雑談の中に、「いつ頃長期休暇を取るのだね?」という話題が混じります。

休暇を取りやすく、の職員福利厚生の一環ではありますが、同時に仕事段取りのため、事前聞き込みでもある、念のため。

「7月にでも、アルプスにでも登ろうかと思っているのですがね」

女性上司の管理主任との会話。

アルプスにはカエルがいる気がしない。

でもって、この時期のアルプスは正に登山愛好家のハイシーズン。

崖から滑落しようが、クマに遭遇しようが、周囲の助けの手は遭難者を今か今かと順番待ちのような気がする。


滑落する前に、救助ヘリは空を旋回して良そうな気がするし、救助隊ならぬご近所の自営団はわらわらと山の中をハイキング、きっと脱水症状を起こす前に、咽喉が渇いた時点で、リアルアルプスのおいしい水を、冷えたコーラかポカリスエットが差し出されそうな気がするの……なぜなら、私は妖艶な人妻だし……きっとそうよ……と思っている私。


ふうんと意外そうな管理主任。

「山登りにはまっているというからさ、てっきり冬山に登ると思っていたよ……八甲田山とかさ」

どえらい名詞を出しますね、主任。

ご存知ですか? あそこ、日本史上最悪の山岳遭難事故を起こした山ですよ。

しかもですねえ……と叫ぶ私。


「あー知ってるよ、旧日本軍が起こしたんでしょうが。ロシア相手を想定しての訓練だったっけな。兵隊さん、ほとんど死んじゃったんだよね。映画にも小説にもなってるし。怪談話も多そうだね」

「その通りです。主任、シャレにならん話があります」

言葉に力を入れる私……新耳袋に収録された話を読めば、本能的に分かりますよ。

この話と、地名はやばい、と。

そう言う訳で、やですよ。

何かあったら、どうするんです?

「さすがはへたれね、キミ」

「ヘタレだからこそ、怪談を楽しむんです! 怖がりじゃない人種が『恐怖』を味わえますかいな」

抗議する部下、ふんと鼻を鳴らす上司。

「分かっているよ、んなもん……大体、キミのプチ遭難を楽しむ登山スタイルで理解できるさ。その超ヘタレさ加減、まさに怪談を愛好するに相応しい」

なんじゃい、それ。

「アドレナリン放出型とは違うってことよ。純粋に山と命のやり取りを楽しむタイプなら、命がけスリルぎりぎりアドレナリン放出絶好調、ロッククライミングに行っているわい。しかし、キミは真逆、あくまで安全地帯を確保したうえで行う『足元ヒヤヒヤタイプ』真逆よね」

「……」

「冬の八甲田山がヤバいことくらい、そりゃ知っているさ。何せ上官の無謀な命令下で、過酷な状況下に陥って、山で狂い死にする人もいたんでしょうが。そりゃあ、キミのような万年桜満開危機管理皆無の登山好きなんて、八甲田山における罰当たりのロックフェスティバル」

……最後の一文、意味不明です、主任。

「怪談好きは、アドレナリン放出タイプではなく、足元ヒヤヒヤを楽しむ『ヘタレ型』が最も好ましいってことよ。実況見分よりも、想像力を楽しむ。これね」

「……」

「まさに、キミは怪談好きに相応しい。鑑といえよう……そう言う訳で、休みどうするのさ?」


そこまでいわれちゃあねえ。

「中間休みは、夏って事でお願いします」

あいよ、と主任。よろしく、と私。


ところで、言っておきますが……主任。


私がロッククライミングに挑戦しないのは、ヘタレが原因ではなくて、友達がいないからです。


初心者には、崖をよじ登るのを助けてくれる相棒、熟練者が必要なのです!


塾のあちら側

合評。


諸事情により、次の展開へススメ、と言われたらと気が気でない私。

時間は有限なのよ。

そうですねえ、私としては『ここの文章が読みにくい』『も少し丁寧な描写を』『説明入れて』などという、テクニック的な修正となるのが希望ですね。

小手先の修正だけで済む。その分時間を振り分けられる。


さて、時間巻き戻しです。

高校の屋上で起きた人喰いカーニバル後、病院へ搬送されたスリーサイズオール100ヒロイン。

視点は、その病院の医師でして、スリーサイズオール100ヒロインの主治医になったせいで、病院の敷地どころか病棟からも出られない。

何故なら病院のマスコミ対策、下のロビーにいるマスコミから隔離されている先生です。


まず、先生の視点から見た世間の状況、共食い事件が起きて大騒ぎの世間。おまけに、他所にもよく似た事件が起きている。

共食いの原因にあれこれ飛ぶ憶測。ドラックによる幻覚から宇宙からの謎の放射能、果てはアメリカ軍の生物兵器説まで流れています。


屋上に落ちていた、死んだ生徒のスマホが撮った最後の映像が、ネットに出回っています。

床に転がったカメラは上に向けられたまま、青空を映しています。音声は殺される生徒たちの阿鼻叫喚を収録。


「えー、このネットに流れている人喰い事件の映像の描写ですが、一体どんな状況で映ったものなんでしょ?」

「あー逃げ回るときに、手から落としたんですよ」

「こういうのって、普通は警察に押収されませんか?」

「実際に人食いの映像が入っていれば、参考資料として押収されますが、入っているのは音声のみですしね。遺族に返却ですね」

「遺族って、これをネットに流すもんですかね?」

「事件の真相を世間に訴えるとか、金とか、まあ色んな遺族もいれば、目的もありますし」


まあ、合評はこんなやり取り。


さあさあ、次は手直しで提出、コレでお願いしますよ。

手もみして待つ私。

次にススムは、二編同時進行の書く時間配分がキツイのでね。


しかし。


「はい、次へススメ」

「ええええええっ」

「別に、これでエエで」


そういえば、ブログをチェックしておいででしたね。すると、今一番この塾生が恐れている展開をご存知……気のせいか、笑顔の人の悪さが混じってます、先生。


「時間は作るもんや」

「……」

「睡眠時間、削れ」

仕事、休暇申請できるかな……


塾の当日

そりゃ、課題が早く進むのは嬉しいさ。

書くからには完結させないと。よく考えたら、今まで短編ばっかり提出していて、今回が塾生課題・第一回長編作品ですからねえ。

しかも、一度設定そのものを変えて書き直ししているしさ。

……SFラノベホラー…‥ぶつぶつぶつ。


ところが今、違う話を並行して書いておりまして、今回の課題が通ってしまうと二編平行して書くという難行が待っております。

苦行じゃないけど難行。ここ、誤解のないように。


ああ、もう山だなんて言っていられない。

追い込まれております。


そして、今回もまた同じ反省を述べます。


もっと早くに取り掛かっておけばよかった。

駄文更新:塾の前日

週で一番忙しい日。それが木曜日


すみません、洗濯も掃除も明日の準備も出来ていなくて、しかもカキモノに尻に火がついています。

と、泣き言と言い訳で駄文で更新。

あああっ ネトラジローテーションも作るの忘れていたあ!!


一日が28時間欲しいです、いやほんとに……

アウトプットとインプットと筆の神様

仕事から帰ってきたら、ご飯食べてちょっと本読んで……それから風呂。

億劫ですなあ。職場で仕事している間は、あれだけ『帰ってモノカキてえええ!!』と内心大暴れだったのによ。

仕事疲れ? 最近ヒマよ。

まあ、電車に乗って帰ってくるだけでも脱力するけどね……て、電車に揺られているのは10分くらいじゃん。しかも各駅停車。


インプットと違って、アウトプットは体力いりますよね。

インプットは受身です。しかも受け取る内容は、本でも映像でも、きちんと咀嚼されて整理された状態の『商品』だし。

読んだもの、感じたものをそのまま受け止めて記憶メモリーに収め、思考回路を使って自分なりの解釈だの感想など、好き勝手に料理すりゃよろしい。


でも、アウトプットは完全にその逆回路。

頭の中にぷかぷか浮かぶ映像や文章を、思考回路を使ってそれなりの形を整え、尚且つ、見えない読者の視線と、書く側の自分の視線とをすり合わせる作業です。

100パーセント好き勝手はダメ。


「完全シュミ小説と違って、書くのに時間がかかるはずよねえ」思わず腕組み。

あー良かった、遅筆になったのかと思ったわ。


時と稀にして、速筆の神様が降りてくる瞬間があるのですが、まだかなあ。

神様さえ降りて来て下されば、5倍のスピードも軽いのですが……焦りながらご降臨をお待ちしている最中です。