陶磁器と文鳥と作劇塾
作劇塾の塾生です。塾での日々、及びアンティークや陶磁器類、そして文鳥の雑文
業務通信

本日、会社の送迎会のため、授業を欠席。

ネトラジと課題提出のために、遅くに出ます。


そういうこともあります。

つうか、今回ほど時間的問題で「落とすか? やっぱり13日の金曜日だからか?」とおののいたことは無かった。

ああ良かった……人生何とかなるものね。

駄文更新・まさかの事態

歯の痛みだの何だので、時間が押す押すモノカキ時間。


会社から飛んで帰り、着替えもしないままパソコン開く。

課題がまだ書き終えてないのよ、まだ半分くらい残っているがな。

描写に悩む時間もない、優雅にセリフ回しを工夫する余裕なんてあるか。

と、必死こいて書き上げたら、もう22時回っているのですわ。

あああ、晩御飯忘れてたああ。

でも今から食べたら、寝るのが遅くなる……つうか、すでに眠い。


あーそう言えば、朝は空腹より眠気が勝り、夜は空腹より食い気が勝るって言葉があるのですが。

やばいな、何なのこの眠気は。尋常じゃないわ。


し、仕方が無い……薄れゆく意識の中で考える。


夜のお好み焼きは、明日の朝食に回そう。

進歩という希望

歯を悪くしたせいで、実に不便で痛い日々。

いやはや、体調って大事ね。人間って頭痛一つ、歯痛一つで動けなくなる脆弱な生き物ですわ……てもんで、昼休みにうどんをすすりながら、泣き言を訴える。

「奥歯が痛くて、モノが噛めないんです……今度の送別会、料理が食べられない……」

「歯医者行って早く治しなさいよ。送別会は会席料理だぞ」

送別会が食の争奪戦、焼肉であれば、おそらく『歯医者になんか頼らずに根性で治せ』と言われたでありましょうが、会席料理は自分のテリトリーがきっちり守られるので、皆さん優しい。


……て、わけで歯医者へ行きまして。

しくしくしく、治療してもらったはいいけど、今後は奥歯で硬いものを噛むなと言われる。

さよなら雷おこし、固焼きせんべい。愛していた硬い食品。

まあいいか、医療が発達して、その内に歯が完全復活する治療法も出てくるだろ。


と、ここまで思って気が付いた。

よく考えたら、すごいですな。何の疑いもなく医療の進歩を信じられるんだから。

電化製品だって、その内もっと良いやつ出ると普通に思っているんだし。


何の疑いもなく、世間に進歩という希望を与えて来た、開発者や医療関係の方々の偉大な功績に拍手。


ところで、ぼんちあげとおにぎりせんべいはセーフなのかアウトなのか、どっちだろう。

駄文更新・23年前の梅酒発掘

さて、食費を見直してみると、バカにならないのが酒代と判明。


チリ産のワインです。

コストパフォーマンス最高と周囲で評判です。

しかもフツーにスーパーに売っている銘柄です。

「飲んでいるのは、一本500円程度のワインなんですがね」

「ほとんど毎日飲んでいるんでしょうが。あのですね、主婦のお料理雑誌を読みなさいな。一食いくらで献立考えていると思う?」

主婦仲間の指摘にふむ、と私。

え~、以前に読んだレシピによりますと、鳥とジャガイモのハーブグリルは、材料費は二人分で、一食200円ほどでした。

あ、それを考えると確かに、500円のワインは贅沢ね。

「スイマセン、私が間違っていました……しかも、カレーライスの日以外は飲んでます」

「ダメよアナタ……もうすぐ健康診断よ。肝臓の数値が引っ掛かったら、淑女として恥よ」


肝臓は良いけど、少しは酒代を押さえるか……そう思っていた先日、台所の奥から、23年前に40度のホワイトリカーで作った自家製梅酒。

うーむ、ドドメ色というかなんというか……香りはまあ、濃い梅の匂いなんだけどさ。

酒に賞味期限あったっけ? 

知り合いの酒好き主婦に聞いてみる。

「……と、いうわけで、23年物のドドメ色の梅酒って飲めるんですかね? アレが飲めるのであれば、カレーライスの日以外は当分酒がもつんだけどな」

「カレーライスの日、以外ですって?」

酒好き主婦、ふんと鼻で笑う。

「ワタシ、カレーライスの日も飲んでるけど?」

どうもすみません。酒の肴対決は貴女の勝ちです。

でもそんな彼女も、23年前に漬けたドドメ色の自家製梅酒は、化学変化を起こしていそうで飲むのは怖いらしい。

……これを飲めば、彼女に勝てるのか。

うーん。







家計簿と潤い

職場の昼食の話題。

皆が主婦なので「家計簿」の話題が出る。

ちなみに、生活費どうこうではなく、家計簿をちゃんとつけているか? というお話。

お正月の付録にはついてくるし、主婦雑誌の「フィナンシャルアドバイザーがずばり診断!我が家の家計相談コーナー」は定番だし、エクセルだって家計簿ソフトあるしさ。

まあ、家計を管理するのは生活の必須ですね……なんですが。

「つけてない」

「レシート取って費目割り振りするのが面倒」

「仕事から帰って、また数字合わせる仕事なんかヤダ」

さすがにお子さんがいる家庭は、ちゃんと教育費だの積み立てだのと管理していますが、子供のいない家庭はどんぶり。

「ダメよ、私たちこのままでは!」

「そうですよ、老後破産とか、無意識の間に浪費していざという時貯蓄無しとか、そんな悲劇の元を作っちゃいけません!」


特に夫婦共に収入があると、金銭的にちょっとした余裕が出来るので、そこから油断してつい散財……というケースが多いのです。

高級趣味も多く、買い物でも「普通よりワンランク上」に手を伸ばしやすい傾向があります。

雑誌の受け売り知識によりますと、ちょっと高級生活スタイルのアイテム「ル・クルーゼの鍋」「高級洋食器」「高級車」持っている家庭はヤバいらしい。


結果、喫茶室で悲鳴が上がる。

「やばい! 我が家は車以外は全部あります! ル・クルーゼの鍋もあるし、高級食器どころかポットは50個です! ちなみにティーカップはその倍!」

「あああ、いけない、私、部屋が埋まるほどバックを持っている!」

「家の作りつけの壁面の靴箱、全部私の靴だわ……」


己の物欲を見直しましょう、とお互いに頷き合い、仕事に戻ったのですが。

改めて家計を見直してみると……おや? 食器よりも本とかCDに金を使っている。


ある意味、ちょっと安心。

ふむ。モノカキ志望として、本とCDで破産なら、まあ言い訳がつくか。